ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2017年11月28日 / ページ番号:C056863

虚偽の所得申告は犯罪です!

このページを印刷する

虚偽の所得申告は犯罪です!

金融機関からの住宅ローンなどの借入金の審査を通すため、給与支払報告書の偽造若しくは存在しない所得について、市民税・県民税申告をするなどの虚偽の所得申告等の事例が報告されています。

このような行為は、私文書偽造及び行使の罪(懲役3月以上、5年以下)に該当するほか、所得税法又は地方税法に基づき処罰されることがあります。また、金融機関に偽造した源泉徴収票等を提出し、融資を受けた場合は詐欺罪(10年以下の懲役)となります。

さらに、このような行為をせん動することも処罰の対象(懲役3年以下、20万円以下の罰金)となります。

虚偽の所得申告等は犯罪です。税の申告等は正しく期限内にお願いします。

この記事についてのお問い合わせ

財政局/税務部/市民税課 普通徴収係
電話番号:048-829-1913 ファックス:048-829-1916

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


ページの先頭に戻る