ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

ページ番号:J000598

Q&A

都道府県・市区町村に寄附金を支出し(ふるさと納税)、返礼品(特産品など)を受け取った場合の経済的利益は、一時所得に該当します。

配偶者に扶養されている方にパート収入があった場合の個人市民税・県民税の取扱いについて説明します。

退職した場合の個人市民税・県民税の取扱いについて説明します。

給与収入300万円、支払った社会保険料40万円、単身世帯の場合の計算方法を説明します。

給与収入500万円、支払った社会保険料40万円、一般生命保険料2万円、個人年金保険料1.8万円、配偶者あり、子2名の場合の計算方法について説明します。

公的年金収入250万円、支払った社会保険料200,000円、配偶者ありの場合の計算方法を説明します。

さいたま市外に引っ越した場合における個人市民税・県民税の納付先について説明します。

亡くなった家族の個人市民税・県民税は、相続人の方に承継されます。

海外へ転出する場合の個人市民税・県民税の取扱いについて説明します。

単身赴任中の方に別々の市からそれぞれ納税通知書が送付された場合、家族の住む家屋敷に対して課税されていることが考えられます。

事業を営んでいる方に、さいたま市内の別々の区から納税通知書が送付された場合、事務所・事業所に対して課税されていることが考えられます。

ページの先頭に戻る

このエリアではサイト内を人生のできごとから探しなおせます。また、イベント情報をお伝えしています。

人生のできごとから探す

  • 妊娠/出産
  • 育児/子育て
  • 入学/教育
  • 住まい/引越し
  • 就職/仕事
  • 結婚/離婚
  • 高齢/介護
  • 死亡/相続

イベント情報

イベント


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る