ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2017年6月2日 / ページ番号:C007156

家屋と償却資産との区分について

このページを印刷する

建築設備の家屋と償却資産との区分について

固定資産税における取扱いでは、家屋に施した建築設備のうち、家屋の所有者が所有するもので、家屋に取り付けられ構造上家屋と一体となり、家屋自体の効用を高めるものについては、家屋として評価しますが、それ以外(構造的に簡単に取り外しが可能なもの等)については償却資産として取り扱われます。
ただし、家屋に含める資産であっても、家屋の所有者以外の者が取り付けた家屋の附帯設備は、償却資産として取り扱います。(「テナント等が取り付けた家屋の附帯設備について」をご参照ください。)

テナント等が取り付けた家屋の附帯設備について

家屋の所有者以外の者(テナント等)が取り付けた家屋の附帯設備(内部仕上・床仕上・天井仕上・電気設備・給排水設備・ガス設備等)で、事業の用に供することができる資産(以下、特定附帯設備という。)については、当該資産を取り付けたテナント等を所有者とみなし、償却資産として課税します。特定附帯設備については、償却資産としてテナント等が申告する必要があります。
賃貸ビルにテナント入居されている方が事業の用に供するために取り付けた内装や電気・ガスなどの附帯設備は、償却資産としてテナントの入居者に課税します。

詳しくは固定資産税課家屋・償却資産係までお問い合わせください。

お問い合わせ先
担当課 郵便番号 住所 電話番号 FAX番号
固定資産税課家屋・償却資産係 〒330-9588 浦和区常盤6-4-4 048-829-1186 048-829-1986

この記事についてのお問い合わせ

財政局/税務部/固定資産税課 
電話番号:048-829-1185 ファックス:048-829-1986

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


ページの先頭に戻る