ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2014年12月11日 / ページ番号:C031421

平成25年度ラオス-日本水道セミナー ~日本とラオスとの水の架け橋に向けて~

このページを印刷する

セミナー開催の背景

近年、世界に誇る日本の水道技術と自治体が持つ水道の運営ノウハウを活かし、官民連携しての海外事業展開として「水ビジネス」が注目を集めています。
上水道を管轄する厚生労働省では日本の水道産業の海外展開支援に取り組んでいます。平成20年からアジア諸国の水問題に対するニーズを把握し、日本の民間企業や水道事業者が参入することを支援する事業の一環としてセミナーを開催しており、平成25年度はラオス国にて開催されました。

さいたま市水道局の関わり

さいたま市水道局は、長年にわたり技術協力等を通じてラオス国と良好な関係を築き上げてきました。さいたま市とラオス国の首都であるビエンチャン特別市の間で締結された、ラオス国の水道分野の強化に向けた協力に関する覚書に基づき、ラオス国の水道事業体と日本の水道産業界との連携・協力を目的とした「ラオス-日本水道セミナー」の企画・運営に協力しました。


【開催日】 平成25年11月12日(火曜日)・13日(水曜日)
【場 所】 ラオス国ビエンチャン特別市
【内 容】 民間企業による発表/デモンストレーション

セミナーの概要
12日(火曜日)

会場:ラオプラザホテル

 厚生労働省、ラオス国公共事業省、在ラオス日本大使館、さいたま市の挨拶に続き、2本の講演と民間6企業による発表が行われました。また、会場内には展示コーナーが設けられ、民間企業や水道事業体のポスターなどが展示されました。

セミナープログラム(443KB)(PDF文書)[ダウンロードファイルをご覧ください。]

■講演

講演内容
「ラオスの水道事情と日本企業への期待」 ラオス国公共事業省水道課長 カントン ボラチス氏
「水道事業体と水ビジネス」 日本水道協会研修国際部次長 富岡 透 氏

■セミナー会場での企業技術紹介:6企業

企業の発表内容
株式会社トーケミ ODAを活用した事業推進計画及び水処理技術の説明
前澤工業株式会社 タイにおける高品質工業用水供給事業の検討
フジテコム株式会社 無収水対策と会社概要
日本原料株式会社 ろ過材交換不要の砂ろ過装置の紹介
大肯精密株式会社 給水管分岐工事における不断水穿孔と工具の紹介
株式会社ジオプラン 水道事業効率化のためのハイパーマネジメントシステム

【参加者】162名

(ラオス側106名 日本側56名〈民間企業16社24名含む〉)

セミナーの写真

副市長挨拶

副市長挨拶

セミナー発表

セミナー発表

ラオス側から記念品授与

ラオス側から記念品授与

企業展示

企業展示

13日(水曜日)

会場:ビエンチャン特別市水道公社トレーニングセンター

ビエンチャン特別市水道公社総裁の挨拶に始まり、穿孔機器や浄水装置、漏水探知の実演、インフラのデータ整備や管路管理ノウハウについての説明が実施されました。参加したラオス水道事業体の皆様に、実際に目で見たり体験していただくことができました。

■デモンストレーション参加:4企業

デモンストレーションの内容
株式会社トーケミ 浄水装置のデモンストレーション
フジテコム株式会社 漏水探知のデモンストレーション
大肯精密株式会社 穿孔機器のデモンストレーション
株式会社ジオプラン データインプットのセミナー

【参加者】約100名

デモンストレーションの写真

浄水装置デモ

浄水装置デモ

漏水探知デモ

漏水探知デモ

穿孔機器デモ

穿孔機器デモ

データインプットセミナー

データインプットセミナー

ラオスのシンボル タートルアンの写真ラオスのシンボル「タートルアン」

主催 厚生労働省
共催 さいたま市水道局、ラオス国公共事業省、ビエンチャン特別市

関連ダウンロードファイル

GET ADOBE READER

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトからAdobe Readerをダウンロードしてください。

この記事についてのお問い合わせ

水道局/業務部/経営企画課 経営企画係
電話番号:048-714-3185 ファックス:048-832-7775

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


ページの先頭に戻る