ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2013年12月24日 / ページ番号:C010591

水道局の社会福祉就労支援事業

このページを印刷する

障害者の人たちが働く授産施設に水道メーターの分解、資材の分類業務を委託しています。 

さいたま市水道局では、平成22年度から障害者の人たちが働く授産施設に、水道メーターの再資源化のための分解・資材の分類作業を委託しています。

水道メーターは正確な水量を計測するために、計量法によって、使用期間を8年以内と決められています。このため、8年に近づいた水道メーターは新しい水道メーターと交換しております。

交換した古い水道メーターは、資材を再利用していて、そのために、メーターを分解し、再資源化する金属と廃棄するものとに分類して再利用しています。その作業を、雇用されることが困難な障害者の人たちの就労の機会を提供している授産施設に、業務委託しています。

具体的には、水道メーターは大きく分けて、上下の金属で出来ているケースと、ケースの中にある計測器(表示機構)とからなっています。
初めに、上下のケースを工具で緩めケースを外し、中の計測器を取り出し、上ケースのプラスチックの蓋を外して、再利用する金属(銅合金)と産業廃棄物とする資材に分類する作業を行います。(水道メーター再資源化作業手順を参照ください)

 

水道メーター再資源化作業手順

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

水道局/業務部/給水装置課 水道メーター係
電話番号:048-788-2749 ファックス:048-669-2260

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


ページの先頭に戻る