ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2016年11月17日 / ページ番号:C003202

災害用に飲料水を備蓄したいのですが、どのくらいの量をどのように保存すればいいのですか?

このページを印刷する

質問 災害用に飲料水を備蓄したいのですが、どのくらいの量をどのように保存すればいいのですか?

回答
人は一日に約2から3リットルの水を食事や飲用で摂取しています。
この量を目安に、必要量を決めるとよいでしょう。容器を水道水で充分洗い、容器内に空気が残らないように満タンに入れ、ふたをしっかり閉めます。
また、水は生ものです。常温で直射日光の当たらない風通しのよい場所で3日間、冷蔵庫では1週間を目安に入れ替えてください。
また寝る前にはポットややかんに水を入れておくのもよいでしょう。その他、風呂、洗濯機の水は抜かず、防火用水やトイレなどの生活用水として準備しておきましょう。

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

水道局/業務部/水道総務課 
電話番号:048-714-3069 ファックス:048-832-5929

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


ページの先頭に戻る