ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2017年8月15日 / ページ番号:C003163

貯水槽水道の管理をお願いします

このページを印刷する

貯水槽水道とは

マンションやビルのように市や水道事業体が供給する水道水を、一旦受水槽に貯めた後に各住居や事務所等に水道水を供給する給水設備を、受水槽の有効容量に関わらず総称して貯水槽水道と呼んでいます。
その中で受水槽の有効容量が10立方メートルを超える物を簡易専用水道と呼び、水道法に規定された管理が義務づけられています。
また受水槽の有効容量が10立方メートル以下の物は小規模貯水槽水道と呼び、水道法の規制を受けていませんが、水道法の一部改正により水道局が小規模貯水槽水道の管理者(所有者)に対して管理について指導できるようになりました。

貯水槽水道

小規模貯水槽水道の訪問点検を無料で実施しています。

小規模貯水槽水道は水道法の規制を受けていませんが、平成13年7月に水道法が一部改正されたことから小規模貯水槽水道の管理に関して「各地方自治体の条例、要綱等による規制、指導」が盛り込めるようになりました。
そこでさいたま市水道局では小規模貯水槽水道の利用者が安心して水を使用できるように「さいたま市水道局小規模貯水槽水道の管理指導要領」を作成し、小規模貯水槽水道の訪問点検を実施しています。 
点検の結果改善の必要があると認めた場合は、設置者に対して指導、助言を行います。実際には現地を訪問し、設置者または管理者に立会いをしていただき下記の項目などの点検を実施します。

  • 受水槽の内外の状態
  • 受水槽の周囲の状態
  • 末端給水栓からの採水、水質検査(簡易5項目)
  • 清掃記録、配管図面など書類の保管状況の確認

平成21年度から5年間で市内を一巡してまいりましたが、平成26年度より4年間で再度一巡することとしました。
実施年度は地域ごとに異なりますので詳しくはこのページ末尾にあるダウンロードファイル「小規模貯水槽水道訪問点検予定表」をご覧ください。
この訪問点検では、水道局の職員又は受託者が事前に設置者の皆様と立会時間を調整し、実施の際には職員証や受託者証明書・腕章を携帯して行いますので、ご確認のうえご理解とご協力をよろしくお願いいたします。 

貯水槽水道の設置者の皆様に管理していただくことは

  • 簡易専用水道の設置者はその水道を管理し、1年以内ごとに1回の清掃及び厚生労働大臣登録検査機関で検査を受けることが水道法で義務付けられていますので必ず行ってください。
  • 小規模貯水槽水道でも、簡易専用水道と同様な管理や検査を受けるように努めてください。
  • 水槽の管理点検記録、清掃記録、水質検査結果、配管系統の図面等の書類を保管しましょう。

その他小規模貯水槽の管理については、さいたま市で作成した「小規模貯水槽水道管理マニュアル」をご覧ください。
マニュアルはこのページ末尾のダウンロードから閲覧・印刷するか、水道庁舎、水道総合センターにて配布しています。
マニュアルは訪問点検で現地へ伺った際にも配布しています。 

その他の取組

  • 水道局の水道だより「水と生活」等に情報を掲載しています。
  • さいたま市保健所に登録した清掃業者や厚生労働大臣登録検査機関の紹介。
  • さいたま市水道局指定給水装置工事事業者の紹介。
  • 水道局では受水槽の設置者へ管理に関する「啓発文書」を送付し指導や助言等を行なっております。

関連ダウンロードファイル

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

水道局/業務部/給水装置課 貯水槽水道係
電話番号:048-788-2933 ファックス:048-669-2260

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


ページの先頭に戻る