ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2016年11月29日 / ページ番号:C013323

さいたま市水道事業中期経営計画(平成23年から平成27年)について

このページを印刷する

水道事業中期経営計画の趣旨と位置づけ

水道事業中期経営計画(平成23年度から平成27年度まで)(以下「中期経営計画」という。)は、さいたま市行財政改革推進プランと整合性を図りつつ、平成32年度を目標とする水道事業長期構想(平成16年9月策定。以下「長期構想」という。)の実現を目指す5年間の計画です。

計画体系

事業運営の目標

水道事業に対する信頼性の向上と給水サービスの充実
現行水道料金水準の維持

経営基盤強化の取組み(さいたま市行財政改革推進プラン)

重点的かつ集中的取組み内容

  1. 職員の適正配置と民間力活用の推進
    平成25年4月までに職員8名(2.1%)を削減。
    小規模貯水槽水道訪問点検サービス及び漏水修繕初期活動等に民間力の活用を検討。
  2. 財政健全化の推進
    平成27年度までに企業債(借入金)残高を18%程度縮減。
  3. 外郭団体の改革推進
    財団法人埼玉水道サービス公社の経営改善の推進について指導、助言。

事業計画

この経営計画で実施する事業は、水道事業長期構想の「6つの基本施策」の実現を目指します。

新規事業と継続事業
安全 いつでも安全で良質な水を供給します。
安定 必要な量の水を安定して供給します。
災害対策 地震、渇水、自己などに強い水道を構築します
サービス お客様の視点に立った質の高いサービスを提供します
経営 効率的な事業運営に努め、健全な経営を維持します
環境 環境に配慮した事業を推進し、環境にやさしい水道を構築します

中期財政計画

  • 各年度の損益収支における黒字の確保
  • 水道施設整備には内部留保資金を活用し企業債残高の縮減
  • 中期経営計画の最終年度(平成27年度)の資金残高について11億円程度の保持

計画達成状況の公表

中間報告は、平成24年度決算報告時に実施
最終報告は、平成27年度決算報告時に実施
(補足)評価指標は「水道事業ガイドライン」を積極的に活用します。

水道事業中期経営計画のダウンロード

中期経営計画の内容や達成状況については、ダウンロードファイルを参照してください。
なお、さいたま市水道事業中期経営計画の印刷版は、各区役所の情報公開コーナーでも閲覧いただけます。

関連ダウンロードファイル

この記事についてのお問い合わせ

水道局/業務部/経営企画課 経営企画係
電話番号:048-714-3185 ファックス:048-832-7775

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


ページの先頭に戻る