ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2013年12月24日 / ページ番号:C011967

大宮配水場の概要

このページを印刷する

 さいたま市水道局の前身である埼玉県南水道組合の創設時(昭和12年)に地下水を水源とする浄水場として給水を開始し、平成11年、県営水道受水施設を増設しました。
 小水力発電設備を設置して配水場使用電力の一部を賄っています。
 水道水を貯留する池(配水池)の上部を有効利用するため、親水公園を設置し市民の憩いの場所として利用されています。

さいたま市大宮区桜木町4-534-1

水道水源

浄水受水(県営大久保浄水場)+地下水(深井戸)

配水能力

26,000立方メートル/日

深井戸

  • 口径350ミリメートル×深度180メートル 1井
  • 口径350ミリメートル×深度300メートル 2井
  • 口径350ミリメートル×深度250メートル 1井

着水井

26立方メートル

混和池

401立方メートル

ろ水機

13,000立方メートル/日(2基)

配水池

9,000立方メートル 2池

小水力発電設備

50キロワット 1基

親水公園(水とやすらぎの広場)を併設

大宮配水場1

関連ダウンロードファイル

GET ADOBE READER

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトからAdobe Readerをダウンロードしてください。

この記事についてのお問い合わせ

水道局/給水部/配水課 
電話番号:048-714-3113 ファックス:048-833-6459

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


ページの先頭に戻る