ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

ページ番号:J000609

下水道の役割

1.晴れている時晴れている時には、合流管を流れる水は全て処理場で処理し、川に流します。2.大雨の時(対策前)大雨の時は、合流管で流れる下水を下水処理場で処理しきれません。

1.浸水被害がなかった頃昔は畑や林などがたくさんあり、雨水の多くは地下へ浸透し、小さな管でも雨水を流すことが出来ました。

下水道事業によるストック効果の事例をご紹介いたします。

下水道整備による潤いと憩いのある都市空間の形成さいたま新都心地区の東側と西側に浸水対策として、それぞれ雨水を貯留する雨水調整池を整備しました。

下水道の役割には、生活環境の改善、公共用水域の水質保全、浸水の防除、資源の有効利用、水循環の創出があります。

ページの先頭に戻る

このエリアではサイト内を人生のできごとから探しなおせます。また、イベント情報をお伝えしています。

人生のできごとから探す

  • 妊娠/出産
  • 育児/子育て
  • 入学/教育
  • 住まい/引越し
  • 就職/仕事
  • 結婚/離婚
  • 高齢/介護
  • 死亡/相続

イベント情報

イベント


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る