ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2014年1月15日 / ページ番号:C003156

下水道による整備効果 資源の有効利用編

このページを印刷する

下水道整備による潤いと憩いのある都市空間の形成

うすいくんの画像

さいたま新都心地区の東側と西側に浸水対策として、それぞれ雨水を貯留する雨水調整池を整備しました。
貯留量は東側にある吉敷雨水調整池で37,000トン、西側にある上落合雨水調整池で40,000トンの雨水を貯めることができます。
そして、調整池内に貯めた雨水の一部は、塩素処理などを行い、再生水として地区内の修景用水やせせらぎ用水に使用し、潤いと憩いのある空間を創出しています。

さいたま新都心地区概要図(画像形式(JPG):1,242KB)

せせらぎ通り

せせらぎ通りの写真1
せせらぎ通りの写真2
せせらぎ通りの写真3

新都心東広場の修景水

新都心東広場の修景水の写真1
新都心東広場の修景水の写真2

関連ダウンロードファイル

この記事についてのお問い合わせ

建設局/下水道部/下水道計画課 
電話番号:048-829-1565 ファックス:048-829-1975

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


ページの先頭に戻る