ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2014年1月6日 / ページ番号:C033006

下水道の役割

このページを印刷する

 ~下水道の役割~

下水道には、次のような役割があります。
【生活環境の改善】
【公共用水域の水質保全】
【浸水の防除】
【資源の有効利用】
【水循環の創出】

【生活環境の改善】

・トイレの水洗化や汚水の排除で、快適な生活環境をつくります。

各家庭のトイレ、台所、お風呂等の排水は下水道管を通って処理場へ運ばれます。そこで処理されたきれいな水を川へ流します。

下水道のしくみ

【公共用水域の水質保全】

・汚水を浄化して川へ放流することで、より良い水環境を保ちます。

下水道を整備し汚水を浄化してから川へ放流することにより、河川の水質が改善されました。

生活排水で泡立つ鴨川(昭和53年)
生活排水で泡立つ鴨川(昭和53年)
鴨川(平成19年)
鴨川(平成19年)

 

流入水と放流水
左:処理前(流入水) 右:処理後(放流水)
おすい君

【浸水の防除】

・雨水を河川などに流すことで浸水を防ぎ、生命や財産を守ります。

市民が安心して生活できる都市を目指すため、雨水を速やかに排除する雨水管や雨水貯留施設などを整備することにより、浸水被害の軽減を図ります。

 

浸水被害状況
浸水被害状況
貯留管整備
貯留管整備
うすい君

【資源の有効利用】

・再生水や下水汚泥など、下水道が持つ資源を有効に活用します。

下水処理センターで発生した下水汚泥の全量をセメント原料として利用しています。また、汚泥の処理過程で発生する消化ガス(メタンガス)を回収し、燃料として利用しています。

有効利用

【水循環の創出】

・雨水や再生水などの活用を進めることで、健全な水循環を確保します。

さいたま新都心地区では、雨水調整池に溜めた雨水をせせらぎ水路用水として利用しています。

せせらぎ水路

せせらぎ水路

この記事についてのお問い合わせ

建設局/下水道部/下水道計画課 
電話番号:048-829-1565 ファックス:048-829-1975

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


ページの先頭に戻る