ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2014年1月15日 / ページ番号:C022609

地域再生計画(汚水処理施設整備交付金)の事後評価について

このページを印刷する

地域再生計画(汚水処理交付金)の概要

 この制度は、地域が自主性・裁量性の高い資金として、農林水産省、国土交通省、環境省所管の汚水処理施設の整備を相互に事業進度を調整しながら整備することを可能とした制度で、効率的な汚水処理施設の普及促進を図ることを目的としております。

地域再生計画の名称

さいたま市水辺空間の保全と再生計画

計画期間

平成17年度から平成21年度

事業内容

公共下水道の整備、浄化槽(個人設置型)の設置

整備目標

(目標)汚水処理施設の整備促進
(汚水処理人口普及率を6.0%向上 現行85.5%から目標91.5%)

計画の概要

 本市は都市の発達に伴い、緑は減少し、河川水質や水辺環境の悪化、見沼沼の緑と荒川に象徴される環境共生都市を目指して、本計画に基づく汚水処理施設整備の促進することにより、住みよいまちづくりを進めていく。

目標達成状況

平成21年度末汚水処理人口普及率  92.0%(達成)

関連ダウンロードファイル

GET ADOBE READER

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトからAdobe Readerをダウンロードしてください。

この記事についてのお問い合わせ

建設局/下水道部/下水道計画課 
電話番号:048-829-1565 ファックス:048-829-1975

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


ページの先頭に戻る