ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

ページ番号:J002009

水質規制について

下水道法に基づく特定施設等を設置する場合は、届出が必要です。

下水道における事故時の措置について特定事業場において、有害物質又は油を含む水が公共下水道に流入する事故が発生した場合には、引き続く流入を防止するための応急の措置及び公共下水道管理者への届出を行うことが…

水質規制に係る届出様式一覧です。

下水道を利用する場合には、水質が基準値の範囲内でなければ流すことはできません。この基準は、下水道の施設・機能を保ち、また、下水処理場からの放流水質を守ることを目的として定められています。

下水道を継続して使用する特定施設の設置者は、下水に流す水の水質を測定し、その結果を記録しておかなければなりません。

公共下水道を使用する工場・事業場に対する水質規制の情報です。

除害施設の維持管理に関する届出等の情報です。

ページの先頭に戻る

このエリアではサイト内を人生のできごとから探しなおせます。また、イベント情報をお伝えしています。

人生のできごとから探す

  • 妊娠/出産
  • 育児/子育て
  • 入学/教育
  • 住まい/引越し
  • 就職/仕事
  • 結婚/離婚
  • 高齢/介護
  • 死亡/相続

イベント情報

イベント


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る