ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2015年12月18日 / ページ番号:C002361

PCB廃棄物適正管理のための特別管理産業廃棄物管理責任者

このページを印刷する

 PCB廃棄物を保管している又は保管することになった事業者は、PCB廃棄物を適正に保管・管理をするために、当該事業場ごとに特別管理産業廃棄物管理責任者を置かなければなりません。また、事業者が自ら特別管理産業廃棄物管理責任者となることもできます。

(廃棄物処理法第12条の2第6項)

1 特別管理産業廃棄物管理責任者の資格

 特別管理産業廃棄物管理責任者には、法に定める資格(廃棄物処理法施行規則第8条の17)を有する者でなければなりません。

(廃棄物処理法第12条の2第7項)

関連ファイル

2 設置(変更)の報告

 特別管理産業廃棄物管理責任者を設置又は変更したときは、設置又は変更から30日以内に、様式第28号の2により さいたま市に報告してください。

(さいたま市廃棄物の処理及び再生利用に関する規則第24条第2項)

 なお、公益財団法人 日本産業廃棄物処理振興センター主催の「特別管理産業廃棄物管理責任者に関する講習会」を受講した方は、修了証の写しを添付してください。

関連ファイル

3 特別管理産業廃棄物管理責任者の役割

特別管理産業廃棄物管理責任者の果たすべき役割は、当該責任者が置かれた事業場のおける特別管理産業廃棄物(PCB廃棄物)に係る管理全般にわたる業務を廃棄物処理法及びPCB特別措置法に基づき適正に遂行することであり、例えば、次のような役割が考えられます。

  • PCB廃棄物の保管状況等届出書の作成、提出
  • 適正な処理の確保(保管状況の確認、適正な処理委託の実施、マニフェストの交付、保管 等)

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

環境局/資源循環推進部/産業廃棄物指導課 
電話番号:048-829-1607 ファックス:048-829-1933

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


ページの先頭に戻る