ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2015年4月15日 / ページ番号:C000609

東部環境センター リサイクル棟の紹介

このページを印刷する

施設正面の写真

 本施設は、大宮区・北区・見沼区・緑区・岩槻区から排出される資源物のうち、缶類・びん類の一部をそれぞれの処理設備により選別し再資源化を図ることにより、資源回収の還元による省資源化及び埋立処分地の延命化を図っています。

施設の概要

  • 名称 さいたま市東部環境センターリサイクル棟
  • 所在地 さいたま市見沼区大字膝子626番地1
  • 敷地面積 約9,300平方メートル
  • 延面積 延3030.76平方メートル
  • 建築様式 鉄骨造
  • 総事業費 11億円
  • 処理能力 公称46.5トン/日
  • 竣工 平成5年4月

施設の特徴

1.資源物を3種類に選別し、資源を回収しています。

 破袋機、磁選機、選別コンベア、圧縮機などの機械及び人間の経験と目を効果的に生かした選別工程で、鉄類、アルミ類、カレット(色別に3種)に選別。それぞれを高精度に、かつ的確に回収・処理しています。

2.効率的な運転・管理を行います。

 本施設の各械は、現場操作盤による手動操作および工業用テレビを利用した中央制御室からの遠隔自動操作で運転ができます。さらに、施設内各所との連絡には、通話放送設備を駆使した集中管理方式を採用し、高効率な運転・管理を実現しています。

3.快適な作業環境を維持しています。

 良好な作業環境を維持できるように、換気、採光などには細心の配慮をはらっています。

4.万全の公害防止対策を施しています。

 施設内で発生する騒音・紛じん・悪臭などの公害が周囲に影響を及ぼさないように、公害防止に努めています。

プラザ内展示室風景の写真
 

プラザ棟

 リサイクルプラザには、廃棄物の再資源化を推進する市民活動の場として展示室・工作室・研修室を設けており、再利用品の展示物見学及び廃棄物やリサイクルの学習が行えます。

工場棟

 工場棟でビンの色選別(透明・茶・その他)やアルミ缶・スチール缶の選別を、作業員による手選別で行っています。

工場棟前景の写真
地図情報をスキップする。

地図情報

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

環境局/施設部/東部環境センター 
電話番号:048-684-3802 ファックス:048-686-0466

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


ページの先頭に戻る