ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2017年10月20日 / ページ番号:C055748

新耐震基準の木造住宅について

このページを印刷する

新耐震基準の木造住宅について   

 平成28年の熊本地震において、昭和56年5月以前に建てられた旧耐震基準の木造住宅だけでなく、昭和56年6月から平成12年5月までに建てられた新耐震基準の木造住宅にも倒壊等の被害があったことが確認されました。

 この原因として、柱とはり等との接合部の接合方法が不十分であったことなどが指摘されています。

 木造住宅の耐震性能は、耐震診断や新耐震基準の木造住宅の耐震性能検証法により確認することができます。
 

新耐震基準の木造住宅の耐震性能検証法

 昭和56年6月から平成12年5月までに建てられた新耐震基準の木造住宅を対象とした、耐震性能を検証する方法(新耐震基準の木造住宅の耐震性能検証法)が一般財団法人日本建築防災協会により作成されました。

 検証方法としては、「所有者等による検証」を行い、専門家による検証が必要であると判断されたものを対象に、一般診断に準じた方法「専門家による効率的な検証」を行います。

 所有者等による検証は、所有者等がリーフレット「木造住宅の耐震性能チェック」を用い、簡易な計算や住宅の状態をチェックすることで耐震性能の確認ができます。

 詳しくは、一般財団法人日本建築防災協会のホームページをご覧ください。

 このページでご紹介した制度以外にも、さいたま市では昭和56年5月以前に建てられた建物の耐震化を促進する事業を実施しています。
詳しい内容につきましては、関連情報のリンク先をご参照ください。

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

建設局/建築部/建築総務課 企画係
電話番号:048-829-1539 ファックス:048-829-1982

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


ページの先頭に戻る