ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2018年6月8日 / ページ番号:C048690

今年もオオムラサキ、ヘイケボタルの成虫が誕生しました! ~みぬま見聞館トピックス・号外~

このページを印刷する

このページでは大宮南部浄化センター(みぬま見聞館)のトピックスを紹介をします。

今年もオオムラサキがご覧いただけます!

さいたま市みどり愛護会よりいただいたオオムラサキ(国蝶)が昨年産んだ卵から幼虫になり冬を越し、春に芽吹いたエノキの葉をモリモリ食べ、気付くとサナギになりました。
すると6月4日に最初の1頭が成虫になり、今年もまた素敵なムラサキ色を鑑賞できるようになりました。
6月8日現在、みぬま見聞館入り口正面の小屋に2頭の成虫を鑑賞できます。ぜひご覧になってください!

オオムラサキ(成虫・メス) オオムラサキ(成虫)
オオムラサキの成虫(メス)

オオムラサキの成虫(オス)

オオムラサキ(サナギ)

オオムラサキのサナギ

ヘイケボタルも光はじめました!

今年もヘイケボタルの成虫が誕生しました。わずかずつですが、羽化して成虫になり光を放ちます。
平日の開館時間中(9時から17時)に、みぬま見聞館内に暗室を作りホタルの優しい光をお見せしています。窓口で職員にお声がけください(時間により光らない場合もあります)。

ヘイケボタル オオムラサキの卵
ヘイケボタル

さいたま市大宮南部浄化センター(みぬま見聞館)の開館は、9時から17時(毎月第4土曜日及び年末年始を除く)です。

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

環境局/施設部/大宮南部浄化センター 
電話番号:048-646-6030 ファックス:048-646-6033

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


ページの先頭に戻る