ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2013年12月24日 / ページ番号:C015272

総合特別区域法に基づく「次世代自動車・スマートエネルギー特区」指定への申請を行いました

このページを印刷する

本市が目指す「暮らしやすく、活力のある都市として、継続的に成長する『環境未来都市』」の実現に向けて、国に対して必要な規制緩和や財政支援等を求めるため、特区の指定を申請しました。
環境未来都市の実現に向けて、以下の3つの重点プロジェクトを推進します。

ハイパーエネルギーステーションの普及

既存のスタンドに、水素充填施設や電気自動車用急速充電器を備えたハイパーエネルギーステーションを市内に整備。

スマートホームコミュニティの普及

太陽光発電や燃料電池により発電した電力を電気自動車や蓄電池を活用して効率的に使用するスマートホームを100戸程度のコミュニティを構築。

低炭素型パーソナルモビリティの普及

産学連携による二人乗りのEV原動機付自転車の開発普及。

(補足)申請の概要、重点プロジェクトの概要は以下からダウンロードできます。

関連ダウンロードファイル

この記事についてのお問い合わせ

環境局/環境共生部/環境未来都市推進課 
電話番号:048-829-1457 ファックス:048-829-1991

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


ページの先頭に戻る