ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2014年6月19日 / ページ番号:C036304

(平成26年5月21日記者発表)東芝とHondaが2020年の未来の暮らしを具現化(「E-KIZUNA Project」スマートホーム実証実験施設に二世帯住宅を建設)

このページを印刷する

株式会社東芝と本田技研工業株式会社から、本市桜区において実施しているスマートホーム実証実験施設に、新たに二世帯住宅を建設し、2020年に向けた“すぐそこにある未来の暮らし”を支える技術の検証を共同で発表されました。

本市にも関わり深い両社が2020年の東京オリンピックを見据え、“すぐそこにある未来の暮らし”を具現化し、本市が進めている総合特区事業「スマートホーム・コミュニティの普及」において、実用化に向けた実証実験をさらに推進されることは、我が国全体の産業振興につながるものと大きな期待をしております。

関連ダウンロードファイル

GET ADOBE READER

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトからAdobe Readerをダウンロードしてください。

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

環境局/環境共生部/環境未来都市推進課 
電話番号:048-829-1457 ファックス:048-829-1991

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


ページの先頭に戻る