ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2018年8月17日 / ページ番号:C060937

平成29年度公用車の年間二酸化炭素排出量を約1,255トン、年間燃料コストを約6,600万円削減(平成18年度比)しました

このページを印刷する

指差しエコドラキャラクターのイラスト

さいたま市役所では、自動車に起因する環境負荷低減のため、「さいたま市交通環境プラン(平成23年3月改訂)」の重点項目「車に頼り過ぎない」「乗るなら次世代自動車」「運転するならエコドライブ」を市の率先行動として、公用車の使用抑制や運転時のエコドライブに取り組んでいます 。
その結果、平成29年度は平成18年度(取組基準年)と比較して、年間1,255トンの二酸化炭素排出量と約6,600万円の燃料コスト(同一価格換算:平成30年3月燃料価格参照) を削減しました。

1.対象

全職員・全公用自動車(消防局及び病院車両を除く)

2.期間

平成29年4月から平成30年3月

3.二酸化炭素排出量削減結果

二酸化炭素排出量
2,181トンCO2/年(平成18年度)から926トンCO2/年(平成29年度)
約1,255トンCO2/年の削減

走行距離あたりの二酸化炭素排出量

416グラムCO2/キロメートル(平成18年度)から251グラムCO2/キロメートル(平成29年度)
削減率 約40%

注釈:「地球温暖化対策の推進に関する法律施行令」改正後の排出係数で計算

その他、詳細については、別添資料をご覧ください。

関連ダウンロードファイル

GET ADOBE READER

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトからAdobe Readerをダウンロードしてください。

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

環境局/環境共生部/環境対策課 大気交通係
電話番号:048-829-1330 ファックス:048-829-1991

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


ページの先頭に戻る