ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2018年1月18日 / ページ番号:C057587

旧パチンコ東大宮会館解体工事の石綿除去作業における再測定結果等について

このページを印刷する

旧パチンコ東大宮会館(さいたま市見沼区東大宮4‐1‐4)の石綿除去作業において、さいたま市生活環境の保全に関する条例で定める石綿敷地境界基準(大気1リットルあたり10本以下)を超過したため、平成29年12月11日(月曜日)にその旨を公表しました。
工事受注者から、本件の対応に関する報告書が提出されましたので、市では、1月15日(月曜日)に再度立入検査を行い、石綿除去作業再開後、大気中の石綿濃度の再測定を実施しましたので、お知らせします。

1石綿除去の概要
工事の名称:(仮称)ABオービット見沼区東大宮4丁目新築に伴う既存建物解体工事
作業期間:平成29年12月2日(土曜日)から平成29年12月13日(水曜日)
工事発注者:有限会社 五陽物産
工事受注者:株式会社 松永建設
施工方法:手作業による吹付け石綿の除去作業

2工事受注者の報告書の要旨
(1)原因
平成29年12月8日(金曜日)、さいたま市環境対策課職員による作業エリアの立入検査時及び退場時に職員及び作業員の衣服等に付着した石綿が外部に飛散したため。
(2)今後の対策
1.石綿作業主任者による作業エリア退場時の入場者洗身の徹底と監理。
2.負圧除塵装置及び養生状況の確認と飛散抑制剤等による湿潤の実施。

3基準超過公表後の本市の対応
1月15日(月曜日)の石綿除去作業再開時に、現地立入検査と敷地境界2地点での再測定を実施しました。その結果は、次のとおり、いずれの地点でも検出下限値(0.35本/L)未満でした。

 

石綿繊維数

1測定点

2測定点

1月15日

石綿除去作業中

0.35本/L未満

0.35本/L未満

敷地境界基準

10本/L

10本/L

測定地点

4本市の今後の対応
さいたま市では、市民の安全・安心のため、大気汚染防止法に基づく届出のあった石綿除去作業について、全件で立入検査及び敷地境界での大気中の石綿濃度の測定を実施しております。今後も引き続き、石綿の飛散防止対策の徹底を指導してまいります。

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

環境局/環境共生部/環境対策課 大気交通係
電話番号:048-829-1330 ファックス:048-829-1991

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


ページの先頭に戻る