ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2018年9月5日 / ページ番号:C017068

補助金申請時に必要な書類(スマートホーム推進・創って減らす)

このページを印刷する

補助金申請時に必要な書類

【補助金申請書受付期間】
平成30年4月23日(月曜日)~平成31年1月31日(木曜日)(閉庁日を除く)
(予算残額が100万円を下回った場合は、抽選により受付ける申請書を決定します。)
(予算がなくなり次第終了します。)

・必要書類を全て揃えてご提出いただかないと、申請書の受理はできませんのでご注意ください。
・申請書の提出は、環境創造政策課窓口又は郵送で到達したことが確認できる方法(簡易書留等)により行なってください。
・書類到達のご連絡はいたしませんので、予めご了承ください。

必ず提出する書類

  1. 補助金交付申請書(様式第1号)
  2. 省エネ対策詳細表(様式第1号の2)
  3. 新築の場合、建築確認に基づく確認済証(写し)又は登記事項証明書(写し)等
    既築の場合、建物の登記事項証明書(写し)又は評価(公租)証明書(写し) 
    ※登記事項証明書は、日付が提出日の1年以内かつ最新事項のもの。
    ※評価証明書は最新年度のもの。
  4. 建物の所在地がわかる案内図(住宅地図等)
  5. 省エネ対策に係る契約書(写し)
    ※発注書や注文書等では受付できません。
  6. 契約書に省エネ対策ごとの金額並びに対象工事の内容及び金額の内訳の記載がない場合は、契約工事内訳書・見積書(写し)
  7. 平成29年度の市民税納税証明書(写し)又は非課税証明書(写し)
    ※ 平成29年1月1日の賦課期日に、さいたま市に住民登録がなかった方は不要です。

必要に応じて提出する書類

対象省エネ対策ごとに必要な書類

  1. 太陽光発電設備:パネルのレイアウトが確認できる図面
  2. 太陽光発電設備:合計出力が10kW以上又は住宅の屋根面以外にパネルを設置する場合には、パネルレイアウト図面のほかに、自家消費であり余剰売電であることがわかる電気配線図等
  3. 地中熱利用システム:掘削孔の深度等が確認できる図面
  4. 高遮熱塗装:日射反射率(近赤外波長域)が記載されている塗料の試験結果報告書(写し)又はパンフレット等
    ※日本工業規格(JIS K5675)適合品、又は同等以上の製品
  5. HEMS機器:HEMS機器の仕様がわかるパンフレット等
    ※ECHONET Lite、創エネ・省エネ機器と接続できることがわかるもの

すでに対象省エネ対策が行なわれた建売住宅を購入した場合

  1. 売買契約書(写し)及び対象設備未使用証明書(様式第1号の3)

市内事業者による加算の対象となる場合

  1. 法人と契約した場合:当該法人の登記事項証明書(写し)
  2. 個人事業主と契約した場合:当該事業主の住民票(写し)
    ※証明書の日付が申請日から1年以内かつ最新のもの

管理組合法人・管理者による申請の場合

  1. 管理組合法人による申請の場合:法人の登記事項証明書
  2. 区分所有法に規定する管理者による申請の場合:管理規約、管理者選任が確認できる資料

関連ダウンロードファイル

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

環境局/環境共生部/環境創造政策課 温暖化対策係
電話番号:048-829-1324 ファックス:048-829-1991

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


ページの先頭に戻る