ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2017年6月13日 / ページ番号:C017084

実績報告時に必要な書類(スマートホーム推進・創って減らす)

このページを印刷する

実績報告時に必要な書類

実績報告書は、必ず平成30年3月15日(木)までに必要書類を添付のうえ提出してください。
また、実績報告書の提出は、環境創造政策課窓口又は郵送で到達したことが確認できる方法(簡易書留郵便等)により行なってください。
書類到達のご連絡はいたしませんのであらかじめご了承ください。

なお、提出が平成30年3月15日(木)を過ぎた場合は、理由の如何を問わず交付決定は取り消しとなりますのでご注意ください。

必ず提出する書類

  1. 実績報告書(様式第7号)
  2. 省エネ対策詳細表(様式第1号の2)※ただし、補助金交付申請書又は計画変更(中止)承認申請書に添付した内容と同じ場合は、省略することができます。 
  3. 省エネ対策工事費用が明記された領収書(写し)又はこれに代わる書類 ※振込明細書や利用明細書は不可
    ※申請者が、工事費用を全額支払ったことが確認できるものが必要です。
  4. 住宅全景のカラー写真
  5. 省エネ対策の実施が確認できるカラー写真
    ※HEMSの設置が確認できるカラー写真見本を作成しましたので、参考にしてください。 
  6. 住民票(写し) ※実績報告書の住民登録調査同意書に署名がある場合は不要
     

必要に応じて提出する書類(省エネごとに必要な書類)

 太陽光発電設備を申請

  1. 電力会社が発行した書類(電力購入量のお知らせ等)(写し)

    東京電力パワーグリット株式会社が平成29年4月1日以降に契約された方について紙の検針票を発行しないこと(詳細は東京電力パワーグリット株式会社のHPでご確認ください。)を受け、以下の書類でも対応します。(6/13更新)
  2. 東京電力パワーグリット専用ウェブサイト「購入実績お知らせサービス」における発電者情報及び発電設備情報が記載されている部分をプリントアウトしたもの。(※自宅等にプリンターがない場合においても、発電者情報及び発電者設備情報が読み取ることができる写真等を提出してください。窓口における、スマートフォン・タブレット等における画面の提示のみでは不可とします。)
  3. 電力需給契約書の写し(電力会社が承諾したもの)。ただし、電力受給契約書における契約締結日(承認日)が平成29年4月1日以降の申請者で、平成30年3月15日までに「購入実績お知らせサービス」が利用できない方に限ります。また、記載内容に誤りや未記入がある場合は不可とします。
  4. その他の書類で電力会社が発行した書類で、発電者、発電場所(設置場所)、発電設備出力、買取起算日等が確認できるもの。
    ※電気受給契約者が、申請者と同一でなければなりません。
    ※申請者と電力会社が発行した書類において整合性が取れない場合(例:申請者と発電者や設置場所と住所の不一致、設備出力の誤り等)は、電力会社が修正し発行した書類が必要となります。
     

 高遮熱塗装を申請

  1. 施工中(高圧洗浄や下塗り・中塗り作業・完成)のカラー写真 

 
 建物の所在が区画整理事業地内の場合

  1. 建物所在の底地番が確認できる書類(底地番証明書等)

 

実績報告書提出後の事務手続き

 実績報告書の提出後は、その内容を審査した上で補助金交付額確定通知書により、申請者に対して補助金の額を確定し通知します。
 補助金交付額確定通知書を受け取りましたら、速やかに補助金交付請求書(様式第9号)を提出してください。
 提出の方法は、環境創造政策課窓口又は郵送で到達したことが確認できる方法(簡易書留郵便等)により行なってください。なお、実績報告書の提出時にあわせて請求書を提出することもできます。 
 

関連ダウンロードファイル

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

環境局/環境共生部/環境創造政策課 温暖化対策係
電話番号:048-829-1324 ファックス:048-829-1991

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


ページの先頭に戻る