ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2017年3月31日 / ページ番号:C042742

機器設置にあたり注意すべきポイント

このページを印刷する

さいたま市「スマートホーム推進・創って減らす」機器設置補助金 ~注意すべきポイント~
 

 省エネ対策を実施するには多額の費用がかかります。補助制度があるといってもお金がかけるからには、のちのち後悔しないよう十分な検討が必要です。これから省エネ対策を実施するにあたって、注意すべきポイントをまとめましたので、ご参考にしてください。

1.複数の業者から見積もりを取りましょう。

 設置業者によっておすすめの機器や設置費用が異なります。ご自身のライフスタイルにあった機器を納得のいく価格で設置しましょう。また、複数設置業者から見積りを取りましょう

2.築年数の経過している家は、特に注意しましょう。

 築年数が、経過している家の屋根等に省エネ対策を実施する場合、建材等にアスベストが使用されている場合があります。実施前に設置業者とよく相談し、確認のうえ省エネ対策を実施しましょう。

3.設置後のメンテナンスは、どんな機器でも必要です。

 省エネ対策は、実施したらそれで終わりではありません。省エネ対策の効果を最大限いかすことができるよう、きちんとメンテナンスのできる事業者と契約しましょう。

この記事についてのお問い合わせ

環境局/環境共生部/環境創造政策課 温暖化対策係
電話番号:048-829-1324 ファックス:048-829-1991

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


ページの先頭に戻る