ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2017年3月31日 / ページ番号:C021897

さいたま市エネルギー・スマート活用ビジョン 新エネルギー政策 を策定しました

このページを印刷する

 さいたま市では平成17年2月に「さいたま市地域新エネルギービジョン」を策定し、再生可能エネルギーの普及等に向けた取組を実施してまいりました。
 しかし、平成23年3月に発生した東日本大震災や原子力発電所の事故を経て、災害時や停電時でも最低限必要なエネルギ-を確保でき、市民が安全で支障のない生活ができるエネルギ-セキュリティの確保や、エネルギーの高効率利用が図られた低炭素なまちづくりの推進が求められていまいます。
 その実現に向け、再生可能エネルギーや未利用エネルギーの活用、省エネルギー対策がめられることから、「さいたま市エネルギー・スマート活用ビジョン 新エネルギー政策 」(以下「新エネルギー政策」)を策定いたしました。

ヌゥとEV車と太陽光充電のイラスト

目標【2020(平成32)年度】

 省エネルギー対策による市域全体のエネルギー消費量を10%以上削減し、さらに再生可能エネルギー等の導入割合を4倍以上にすることをさいたま市の新エネルギー政策の目標とします。これにより、2020(平成32)年度のエネルギーのスマート活用率(注釈)を20%とすることを目指します。

(注釈)エネルギーのスマート活用率とは、市域のエネルギー消費量(2020年現状趨勢ケース)のうち、省エネによる削減量と再生可能エネルギー等の導入量の占める割合とします。

新エネルギー政策の目標値のグラフ画像

詳細につきまして以下の計画の概要・本編をご覧ください。
 

関連ダウンロードファイル

この記事についてのお問い合わせ

環境局/環境共生部/環境創造政策課 温暖化対策係
電話番号:048-829-1324 ファックス:048-829-1991

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


ページの先頭に戻る