ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2016年4月1日 / ページ番号:C010580

「さいたま市景観計画」の策定・「さいたま市景観条例」の制定

このページを印刷する

「さいたま市景観計画」の策定

 平成19年10月、本市の都市景観形成のマスタープランとなる「さいたま市都市景観形成基本計画」(以下「基本計画」という)を策定し、その中で優れた都市景観の形成を図るため理念と目標、都市景観形成の方針、都市景観形成の推進 を提示し、市民、事業者、行政の共通指針を示しました。

 「さいたま市景観計画」は、基本計画に掲げた都市景観形成の理念「ひと まち みらい 輝く都市景観の創造」のもと、市民、事業者、行政が協力し、さいたま市の優れた都市景観を形成することを目的としおり、この基本計画に即した優れた都市景観の形成に関する方針や行為の制限等の事項を定めたものとして、景観法(平成16年6月18日法律第110号。以下「法」という)第8条に基づき策定しました。(平成22年4月1日さいたま市告示)

「景観計画」とは、景観行政団体が良好な景観の形成を図るため、その区域、良好な景観の形成に関する基本的な方針、行為の制限に関する事項等を定めた計画です。景観計画は景観行政の基本となるもので、これに従って本市の景観形成を進めていきます。

「景観行政団体」とは、景観法で規定する景観行政を行なう自治体のことです。すべての都道府県、政令指定都市、中核市と、都道府県との協議・同意がなされたその他の市町村が景観行政団体となり、その地域の景観行政を担うものです。

さいたま市景観計画 目次

序章 はじめに

  1. 背景と目的

第1章 景観計画の区域

  1. 景観計画の区域
  2. 景観計画区域図

第2章 景観計画区域における良好な景観の形成に関する方針

  1. 都市景観形成の基本方針
  2. 都市景観形成の方針

第3章 良好な景観の形成のための行為の制限に関する事項

  1. 用語の定義
  2. 届出制度
  3. 届出対象行為
  4. 景観誘導区域における景観形成基準
  5. 景観保全区域における景観形成基準
  6. 宮原景観形成特定地区における景観形成基準

第4章 景観重要建造物及び景観重要樹木の指定の方針

  1. 景観重要建造物の指定の方針
  2. 景観重要樹木の指定の方針

第5章 屋外広告物の表示及び屋外広告物を掲出する物件の設置に関する行為の制限に関する事項

  1. 屋外広告物の規制誘導に関する基本的考え方
  2. 屋外広告物の表示及び屋外広告物を掲出する物件の設置に関する行為の制限に関する事項

第6章 景観重要公共施設の指定の方針

  1. 景観重要公共施設の指定の方針

「さいたま市景観色彩ガイドライン」の策定

 都市景観の印象や地域の個性を表わす要素の一つである「色彩」に関する手引きとして、「さいたま市景観色彩ガイドライン」を定めました。
 このガイドラインは、地域の特性に応じた建築物等の望ましい色彩を示すなど、本市の都市景観の特性を踏まえ、守るべき最低限の色彩の範囲、都市景観の魅力を高めるために使用することが望ましい色彩の範囲などを示しており、建築物等の色彩を検討する際に活用するものです。

さいたま市景観色彩ガイドライン 目次

  • 序 さいたま市景観色彩ガイドラインについて
  • 第1章 色彩の表し方(マンセル表色系)
  • 第2章 さいたま市の色彩の特性
  • 第3章 色彩の配慮事項
  • 第4章 優れた都市景観の形成に向けた色彩基準の種類
  • 第5章 景観色彩エリア別の色彩基準
    景観誘導区域(商業・業務地系色彩エリア)
    景観誘導区域(住宅地系色彩エリア)
    景観誘導区域(工業地系色彩エリア)
    景観保全区域(田園系色彩エリア)

「さいたま市景観条例」の制定

 これまで、さいたま市では、自主的な条例である「さいたま市美しいまちづくり景観条例」により、大規模建築物等の景観誘導を行なってきました。
 この条例を全部改正した「さいたま市景観条例(平成22年3月25日 さいたま市告示20号)」は、景観法の規定に基づく良好な景観形成に必要な事項や事前協議の申出、氏名等の公表その他のさいたま市独自の景観計画の実効性を高める事項を規定しています。
 さいたま市景観条例は、平成22年10月1日から施行となりました。

「さいたま市景観計画 届出の手引き」の策定

さいたま市では、「さいたま市景観計画」及び「さいたま市景観条例」に基づき、一定規模以上の建築物の建築等、工作物の建設等及び物件の堆積を行う行為者に届出等を行っていただくことにより優れた都市景観の形成への誘導を行います。
届出等にあたっては、景観計画に規定されている景観形成基準に適合するように、建築物や工作物、物件の堆積の計画・設計を行わなければなりません。

本手引きでは、届出等の手順やその届出書等、計画・設計時に配慮し、遵守しなければならない景観形成基準などについて解説しています。

さいたま市景観計画 届出の手引き 目次

  • 第1章 さいたま市景観計画の概要
  • 第2章 景観計画に基づく届出等の手順
  • 第3章 景観形成基準の解説
  • 第4章 行為の届出の要否についての解説
  • 資料 景観計画に基づく届出等関係様式

届出先と届出に関するお問い合わせ先

行為の場所が、「西区」「北区」「大宮区」「見沼区」「岩槻区」の場合
都市局 北部都市・公園管理事務所 管理課
(電話番号)048-646-3178

行為の場所が、「中央区」「桜区」「浦和区」「南区」「緑区」の場合
都市局 南部都市・公園管理事務所 管理課
(電話番号)048-840-6178

関連ダウンロードファイル

この記事についてのお問い合わせ

都市局/都市計画部/都市計画課 まちなみ・景観係
電話番号:048-829-1409 ファックス:048-829-1979

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


ページの先頭に戻る