ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2016年2月3日 / ページ番号:C012506

平成22年度さいたま市まちづくりセミナー開催内容について

このページを印刷する

平成22年度のテーマは 

まち歩きでまちの魅力を発見。まちづくりの基本は現地調査にあり。

 平成22度は、初級編として開催した昨年度からステップアップし、中級編として開催しました。

 今回は、まちづくりの基本となる「まち歩き」に主眼をおき、実際に浦和駅の東口周辺の街を歩いてみることで、その視点や手法を学んでいただくことにしました。

まち歩き

 ここでいう「まち歩き」とは、実際に自分の足で街を歩いてみることです。意識して自分の目で観察したり、昔から住んでいる地域の方のお話を聞いたりすることで、これまで自分が知らなかった、街の魅力や特徴、または、問題や課題など街の現況を知ることができます。まち歩きは、まちづくりを進めるうえで基本となる大変重要な作業です。

当日は、何をしたの?

開催プログラム

 平成22年度は、10月30日(土曜日)と11月13日(土曜日)の2日間の日程で開催しました。

 1日目は、市民主体のまちづくりや現地調査の手法、調査結果のまとめ方に関する「まちづくり基礎講義」を受け、グループごとにまち歩きの視点やルート、「セミナー2日目に向けた準備」となる自主活動期間について話し合いました。
(補足)予定していた「まち歩き(予備調査)」は、台風14号の影響で悪天候となったため中止となりました。

 1日目から2日目の期間は「自主活動期間」として、参加者がそれぞれ自主的に学習や情報収集を行いました。

 2日目は、グループごとに話し合った視点や手法を踏まえて「まち歩き(現地調査)」を実施した後、得られた情報を整理し魅力の活かし方や課題解決の方策を話し合う「情報整理と今後のまちづくりの検討」を行い、「発表会」を行いました。

開催プログラム(PDF形式:198KB)

(1日目)10月30日(土曜日)

まちづくり基礎講義(10時から11時5分)

 まちづくり・都市づくりの専門家であり、今回のセミナーの企画・運営を委託した「都市づくりNPOさいたま」の三浦匡史氏が講師となり、市民主体のまちづくりの重要性や現地調査の手法と調査結果のまとめ方について学びました。

まちづくり基礎講義資料(PDF形式:2,068KB)

まちづくり基礎講義の様子1
(まちづくり基礎講義の様子1)
まちづくり基礎講義の様子2
(まちづくり基礎講義の様子2)

まち歩き対象地区の説明(11時5分から11時50分)

まち歩き対象地区の説明の様子
(まち歩き対象地区の説明の様子)

「都市づくりNPOさいたま」の中津原努氏が、地図を用いながらまち歩き対象地区を説明し、浦和駅東口周辺の地形や特徴などを理解しました。

浦和駅東口周辺の地図(PDF形式:4,239KB)

まち歩きの視点整理とセミナー2日目に向けた準備(11時50分から12時15分,13時15分から14時35分)

 3班にわかれ、班ごとに、2日目に行うまち歩きのエリアやテーマ・視点などについて話合い、2日目までに準備することを決め、模造紙にまとめました。

A班の話し合いの様子
(A班の話合いの様子)
B班の話し合いの様子
(B班の話合いの様子)
C班の話し合いの様子
(C班の話合いの様子)

グループ発表(14時35分から15時)

 班ごとに、話合ったことを発表しました。

A班の発表の様子
(A班の発表の様子)
B班の発表の様子
(B班の発表の様子)
C班の発表の様子
(C班の発表の様子)

自主活動期間

B班の自主活動成果
(B班の自主活動成果)

 1日目と2日目の間は、各自2日目に向けて学習や情報収集を行う自主活動期間としました。

(2日目)11月13日(土曜日)

まち歩き(現地調査)(9時35分から正午)

 1日目に話合ったまち歩きのエリアやテーマ、視点などをもとに、実際にまちを歩いて情報収集をしました。

A班のまち歩きの様子
(A班のまち歩きの様子)
B班のまち歩きの様子
(B班のまち歩きの様子)
C班のまち歩きの様子
(C班のまち歩きの様子)

情報整理と今後のまちづくりの検討(13時から15時30分)

 班ごとに、以下の手順で作業しました。

  1. まち歩きで得られたまちの魅力や課題等の情報を、地図や模造紙等を使って整理します。
  2. 魅力の活かし方や課題解決の方策を話し合います。
  3. 班で行ったまち歩きについて振り返り、その効果や問題点を話し合います。
A班の作業の様子
(A班の作業の様子)
B班の作業の様子
(B班の作業の様子)
C班の作業の様子
(C班の作業の様子)

発表会(15時30分から16時15分)

 班ごとに、以下の点について発表をしました。

  1. まち歩きの視点および手法について
  2. 発見したまちの魅力や課題について
  3. 魅力の活かし方や課題解決の方向性について
  4. まち歩きや情報整理を通じて得られたことについて
A班の発表の様子
(A班の発表の様子)
A班の成果
(A班の成果)
B班の発表の様子
(B班の発表の様子)
B班の成果
(B班の成果)
C班の発表の様子
(C班の発表の様子)
C班の成果
(C班の成果)

修了式(16時15分から16時30分)

 最後に、まちづくり総務課長から一人ひとりに修了証書を手渡し、集合写真を撮影しました。

修了証書授与の様子
(修了証書授与の様子)
集合写真
(集合写真)

参加者の感想は?

 セミナー終了後に参加者の皆様にご記入いただいたアンケート結果の一部をご紹介します。

セミナーに対する感想とその理由

セミナーに対する感想
セミナーに対する感想の理由

自由記入欄

「まち歩きをやったことは、とても効果があったと思います。」(20代男性)
「住む地域周辺のことを身近に感じるができました。」(30代女性)
「いろいろな視点から現場をみることを実習し大変勉強になりました。」(70代男性)
「いろいろと今後に生かしたく思います。」(30代女性)
「短期間でテーマをまとめる技法を経験できました。」(50代男性)

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

都市局/まちづくり推進部/まちづくり総務課 企画・支援係
電話番号:048-829-1444・1445 ファックス:048-829-1976

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


ページの先頭に戻る