ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2016年2月5日 / ページ番号:C010795

氷川参道について

このページを印刷する

氷川参道について

 武蔵一宮氷川神社の参道である氷川参道は、ケヤキを中心としたおよそ700本の樹木により南北約2キロメートルにわたり続いており、本市における歴史・文化的資産として、都心部に残された貴重な緑の空間となっています。
 この氷川参道を中心として、氷川神社、大宮公園、盆栽村などがまとまって立地し、氷川神社とさいたま新都心をつなぐ氷川参道の並木が緑のシンボルとなっています。
 また、大宮中央通線からさいたま春日部線までの約320メートルの間には、参道と一体となった平成ひろば(約8,000平方メートル)があり、やすらぎと憩いの場所として、多くの市民に親しまれています。一年を通じて、四季折々の美しさをもつ参道を散策し、是非参道の魅力を楽しんでください。

  •  さいたま新都心駅から氷川参道一の鳥居までは、徒歩約10分。
  •  大宮駅から大宮中央通線を歩いて氷川参道までは、約10分。

 平成22年3月にオープンした大宮盆栽美術館や見沼田圃まで足を運ばれるのも良いかもしれません。

参道マップ

参道マップ

(補足)参道マップ上の番号の説明は、以下のとおりです。

(1)

1参道の緑の景色

新都心から参道を望むと、参道の緑が際立ちます。

(2)

2けやきひろば写真

けやきひろばは、人工地盤になっており、けやきが220本植えられています。

(3)

3新都心壁面緑化

新都心の壁面緑化。

(4)

4ほこすぎ橋

ほこすぎ橋
けやきひろば、新都心の壁面緑化を抜け、「大宮をどり」にも歌われたほこすぎ橋を渡ると、いよいよ参道に続きます。

(5)

5一の鳥居

一の鳥居
参道の入口ともいえる、一の鳥居の横には「一の鳥居ひろば」があり、春には桜が出迎えてくれます。

(6)

6丁石

丁石
参道は十八丁あり、一丁ごとに丁石があります。

(7)

7歩車分離工事

歩車分離工事
一の鳥居から大宮中央通線までを三区間にわけて実施した歩車分離工事も、平成21年7月に竣工し、「違法車両の排除」と「歩行空間の確保」がなされました。

(8)

8歩車分離工事2

新緑の季節には、緑が生い茂り、心地よい歩行空間となります。

(9)

9天然記念物

天然記念物
参道並木のうち19本が、市の天然記念物に指定されています。
指定されている樹木にはプレートが付いていますので、是非探してみてください。

(10)

10参道交番横

参道交番の脇には、ちょっとした休憩スペースもあります。

(11)

11平成ひろば

平成ひろば
市民の憩いの場となっています。

(12)

12平成ひろば2

春は、桜のトンネルとなります。

(13)

13天満神社

天満神社
参道沿いには神社もあります。

(14)

14氷川神社石碑

いよいよ氷川神社が近づいてきました。

(15)

15二の鳥居

二の鳥居
木造では日本一の大きさを誇る鳥居で、昭和51年に明治神宮から奉納されました。

(16)

16大宮図書館

大宮図書館
参道の東側にあり、静かな環境の図書館です。
その東側には市立博物館もあります。

(17)

17氷川の杜文化館

氷川の杜文化館
能楽・日本舞踊・三曲・茶道・華道等の伝統文化の活動の拠点となる「氷川の杜文化館」にある竹林は、参道の雰囲気に溶け込んでいます。

(18)

18三の鳥居

三の鳥居
三の鳥居をくぐれば氷川神社の境内で、大宮公園へと緑は続いて行きます。

参道に咲く花

参道には、四季折々、様々な花が咲いています。

花1
花2
花3
花5
花6
花4
地図情報をスキップする。

地図情報

この記事についてのお問い合わせ

都市局/都心整備部/都心整備課氷川参道対策室 
電話番号:048-646-3122 ファックス:048-646-3123

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


ページの先頭に戻る