ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2017年6月21日 / ページ番号:C017561

伐採及び伐採後の造林届出書等について

このページを印刷する

森林所有者などが、地域森林計画の対象となっている森林(保安林を除く)の立木を伐採(間伐も含む)する際には、伐採をする90日から30日前までに、市町村に伐採及び伐採後の造林届出書を提出する必要があります。
さいたま市内にある地域森林計画の対象となっている森林かどうかの確認については、さいたま市役所農業環境整備課までお問い合わせください。

伐採の目的が転用を行なうものであり、面積が1ヘクタールを超える場合、また保安林を伐採(間伐を含む)する場合は、事前に許可が必要になりますので、埼玉県寄居林業事務所までお問い合わせください。

また、伐採後の造林が完了したときは、造林を完了した日から30日以内に伐採及び伐採後の造林に係る森林の状況の報告を行うことが義務づけられています。(平成28年5月の森林法改正により、平成29年4月以降、伐採及び伐採後の造林の計画の届出を行った方は、事後に市町村長への伐採及び伐採後の造林に係る森林の状況の報告が必要となりました。)

添付資料

  • 伐採及び伐採後の造林届出書
  • 森林の土地の全ての位置を示した地図(特に指定はありませんが、該当地及びその周辺の状況のわかるもので、該当地を赤ペンで囲ってください)
  • 届出者が土地の所有者ではなく、権原に基づき森林の使用又は収益をするものである場合は、その権原を証する書類の写し(賃貸借契約書、立木売買契約書等)
  • 委任状(提出者が届出人以外の場合)

提出先

ときわ会館 3階 農業環境整備課
電話番号 048-829-1377

関連ダウンロードファイル

この記事についてのお問い合わせ

経済局/農業政策部/農業環境整備課 
電話番号:048-829-1377 ファックス:048-829-1944

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


ページの先頭に戻る