ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2017年9月5日 / ページ番号:C018502

「ゾーン30」による交通安全対策を実施します

このページを印刷する

「ゾーン30」とは

「ゾーン30」とは、生活道路における交通安全対策の一つで、ある一定の範囲内(ゾーン)の生活道路について歩行者等の安全を確保するための事業です。
ゾーン内は原則として、自動車の最高速度を時速30キロメートルに設定し、歩行者等の通行を最優先に考えます。また、ゾーン内の通過交通を可能な限り抑制することを目的としています。
詳しくは下記のダウンロードファイルをご覧下さい。

ダウンロード

整備事例


路面表示・規制標識の例図1

「ゾーン30」として指定された地区の入口には、図1のような路面表示や標識が設置される予定です。

整備事例の写真

整備事例の写真

取り組み状況

さいたま市では、平成24年度より第1期目の「ゾーン30」の整備に着手しており、5年間で26地区の整備を実施しました。引き続き、平成29年度より第2期目の「ゾーン30」の整備に着手しており、5年間で38地区の整備を目標としております。
平成29年度は、上木崎五・七丁目地区(浦和区)、東浦和三・四・八丁目地区(緑区)、上落合四・六・七丁目地区(中央区)、土呂町二丁目(北)地区(北区)、土呂町二丁目(南)地区(北区)、宮原町二・四丁目、吉野町一丁目地区(北区)、西原台二丁目、西原、西町二・三丁目、岩槻、箕輪地区(岩槻区)、西町二・三丁目、岩槻、箕輪地区(岩槻区)において整備を実施します。

整備予定地区等については下記のダウンロードファイルをご覧ください。

ダウンロード

ゾーン30はスマートウエルネスさいたまの主な取組のひとつです。

スマートウェルネスさいたまコミュニケーションマーク

この記事についてのお問い合わせ

建設局/土木部/道路環境課 交通安全施設係
電話番号:048-829-1490 ファックス:048-829-1988

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


ページの先頭に戻る