ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2013年12月26日 / ページ番号:C013451

東日本大震災に伴う仙台市への災害支援(ごみの収集・運搬)について

このページを印刷する

さいたま市では、東日本大震災で多大の被害にあった仙台市からの要請により、市職員(直営)によるごみの収集・運搬の支援を行うため、4月11日午前7時に仙台へ向け出発しました。

期間

平成23年4月11日(月曜日)から1か月程度

支援地域

仙台市若林区、宮城野区

支援の内容

津波によって浸水した家具類、もえるごみ(粗大ごみ含む)等の収集・運搬

支援の体制

  • 車両
    塵芥収集車(パッカー車)5台、ダンプ車1台、指揮車(ワゴン)1台
  • 人員
    1班15人(4班体制、延べ60人を予定)

今後の予定

  • 1班
    平成23年4月11日から17日
  • 2班
    平成23年4月17日から24日
  • 3班
    平成23年4月24日から5月1日
  • 4班
    平成23年5月1日から8日

(補足)
11日に出発した車両は、燃料などのことを考慮し、支援終了まで現地に留め置き、班員の入れ替えについてはマイクロバスにて送迎する。
支援の期間については、仙台市との協議により変更の可能性もある。

災害支援に向かう市職員の様子1
災害支援に向かう市職員の様子2

この記事についてのお問い合わせ

環境局/資源循環推進部/廃棄物対策課 
電話番号:048-829-1336 ファックス:048-829-1991

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


ページの先頭に戻る