ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2017年11月1日 / ページ番号:C056217

平成29年さいたま市秋季火災予防強化運動の実施について

このページを印刷する

平成29年さいたま市秋季火災予防強化運動について

 この運動は、空気が乾燥し火災が発生・拡大しやすい時季が始まり、火災の発生を防止し、尊い人命や貴重な財産の損失を防ぐことを目的としています。

◆さいたま市秋季火災予防強化運動期間◆ 平成29年11月1日(水)から11月30日(木)までの1カ月間
◆秋季全国火災予防運動期間◆  平成29年11月9日(木)から11月15日(水)までの7日間

 平成28年中にさいたま市内で発生した火災は273件で、そのうち98件が住宅火災です。また、死者が発生した火災の約75%で住宅用火災警報器が設置されていませんでした。
 逃げ遅れを防ぐために、住宅用火災警報器の設置と、定期的に点検をするなど適切な維持管理をお願いします。
 

                                            火の用心

防火標語(平成29年度全国統一防火標語)

『 火の用心 ことばを形に 習慣に 』

さいたま市防火ポスター(平成29年度さいたま市防火ポスターコンクール最優秀賞受賞作品)

                    防火ポスター2      
   

重点項目

さいたま市消防局では、次の3つを重点項目に掲げ、秋季火災予防強化運動を展開します。
1 住宅防火対策の推進
2 放火火災防止対策の推進
3 事業所における防火安全対策の徹底

◆◆住宅防火 いのちを守る 7つのポイント ―3つの習慣・4つの対策―◆◆
【3つの習慣】
1 寝たばこは、絶対やめる。
2 ストーブは、燃えやすいものから離れた位置で使用する。
3 ガスこんろなどのそばを離れるときは、必ず火を消す。

     3つの習慣  

【4つの対策】
1 逃げ遅れを防ぐために、住宅用火災警報器を設置する。
2 寝具、衣類及びカーテンからの火災を防ぐために、防炎品を使用する。
3 火災を小さいうちに消すために、住宅用消火器等を設置する。
4 お年寄りや身体の不自由な人を守るために、隣近所の協力体制をつくる。

 4つの対策

関連ダウンロードファイル

この記事についてのお問い合わせ

消防局/予防部/予防課 
電話番号:048-833-7509 ファックス:048-833-7529

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


ページの先頭に戻る