ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2018年5月30日 / ページ番号:C059817

平成30年度さいたま市総合防災訓練・防災フェア(第39回九都県市合同防災訓練・さいたま市会場)を開催します

このページを印刷する

平成30年度さいたま市総合防災訓練・防災フェア(第39回九都県市合同防災訓練・さいたま市会場)

1 目的

  さいたま市地域防災計画及び九都県市合同防災訓練実施大綱に基づく防災対策の習熟と、災害時の応急・復旧対策における技能を高め、
  防災関係機関及び九都県市等との相互の連携体制を強化し、もって発災時における応急・復旧対策の迅速化、的確化を図ることにより、
  地域防災力を強化することを目的とする。また、訓練を実施することにより、広く市民の防災意識の高揚、災害対応力の向上を図ること
  を目的とする。

2 実施日時

  平成30年8月25日(土) 9時30分から12時00分まで
  (防災フェアは9時30分から12時30分まで)

3 実施場所

  さいたま市立第二東中学校(さいたま市大宮区天沼町1丁目760番地)ほか

4 訓練想定

  「本市を震源とする大きな地震が発生した。地震の規模はマグニチュード7.3、震度6強を記録し、市内全域に被害が発生している。特に、
  西区、北区、大宮区などの市北西部において、建物の倒壊、道路などの交通網が寸断し負傷者が発生している。また、電気・ガス・水道・
  通信等のライフラインにも甚大な被害が発生している。」

5 訓練の基本方針

(1)市民の防災意識の高揚
(2)次世代の地域防災の担い手となる人材の育成
(3)応急・復旧対策の習熟
(4)関係機関との相互連携の強化

6 主な訓練項目(予定) 

(1)住民参加型訓練
(2)救出救護訓練
(3)医療救護訓練
(4)ライフライン応急復旧訓練
(5)救援物資緊急輸送訓練
(6)避難所運営訓練
(7)災害ボランティアセンター設置運営訓練
(8)情報伝達・収集訓練
(9)炊き出し訓練
(10)防災フェア(体験・展示)など

 ※検討中の内容につきませては、決定次第お知らせします。

7 参加予定機関

  関係機関団体73機関
  市民参加組織等、指定公共機関、指定地方公共機関、協定締結機関、国の機関、自衛隊、警察機関、消防機関、
  九都県市広域応援協定自治体、協定締結自治体、その他参加・協力機関等

8 訓練の中止について

  大規模な災害や事故等が発生した場合、市内で震度5弱以上を観測した場合など、又は市内に気象警報発表時は訓練を中止とします。
  また、訓練会場等の状況により、訓練規模を縮小し実施する場合があります。

各区の防災訓練について

 市内各区においても区災害対策本部の設置訓練や避難所運営訓練などの各種訓練を実施しています。
 今年度の各区の訓練日程については、各区のホームページをご参照ください。
 [各区の防災訓練]
 西 区 西区避難所運営訓練のページ(新しいウィンドウで開きます)
 北 区 北区避難所運営訓練のページ
 大宮区 大宮区避難所運営訓練のページ
 見沼区 見沼区避難所運営訓練のページ(新しいウィンドウで開きます)
 中央区 中央区避難所運営訓練のページ(新しいウィンドウで開きます)
 桜 区 桜区避難所運営訓練のページ
 浦和区 浦和区避難所運営訓練のページ
 南 区 南区避難所運営訓練のページ
 緑 区 緑区避難所運営訓練のページ(新しいウィンドウで開きます)
 岩槻区 岩槻区避難所運営訓練のページ

この記事についてのお問い合わせ

総務局/危機管理部/防災課 防災対策係
電話番号:048-829-1127 ファックス:048-829-1978

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


ページの先頭に戻る