ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2018年12月8日 / ページ番号:C062684

歩行型ロータリ除雪機での事故に注意!

このページを印刷する

消費者庁からの製品安全・事故情報に係るニュースリリースを周知します。
これから冬を迎え、ご本人様、ご家族様等で除雪機の利用機会もあるかと思われますので、ご確認いただき、事故を未然に防ぎましょう。

歩行型ロータリ除雪機での事故に注意!

  • 歩行型ロータリ除雪機による死亡・重大事故が発生しています。
  • 死亡・重大事故の多くは、 デッドマンクラッチ(※1)を器具で固定したり、ひもで縛ったりして無効化していたことで、除雪機が止まらず巻き込まれることで生じています。
    ※1 除雪機から手を離すと自動的に除雪機が止まる安全装置
  • 安全装置以外にも、作業場所周辺の人や物への不注意、除雪機への不用意な接近等、防ぐことができる原因が大きな事故につながっています。

詳細は、下記関連ファイルをクリックして、消費者庁ホームページをご覧ください。

除雪機での事故への対応策

  • デッドマンクラッチを含む安全装置は無効化しない。
  • 近くに人がいる時は使わない。
  • エンジンを掛けたまま離れない。
  • 雪詰まりを取り除く際はエンジンを止めて雪かき棒を使う。
  • 後進する際は足元や後方の障害物に気を付ける。

関連ダウンロードファイル

この記事についてのお問い合わせ

市民局/市民生活部/消費生活総合センター 
電話番号:048-643-2239 ファックス:048-643-2247

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


ページの先頭に戻る