ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

ページ番号:J003301

受給に関すること

1か月の医療機関での一部負担金のお支払額が各々の方の自己負担限度額を超えた場合は、高額療養費として払いもどします。

後期高齢者が入院した時は、世帯の所得区分に応じて食事代と居住費を自己負担します。

後期高齢者医療制度(医療保険)と介護保険の1年間(毎年8月1日から翌年7月31日まで)の自己負担額を合計し、自己負担限度額を超えた額が支給されます。

医療機関窓口での保険診療分の一部負担金や高額療養費、入院時の食事療養費・生活療養費は、世帯の所得に応じて「現役並み所得者」「一般」「低所得者2」「低所得者1」に分けられます。

療養費の種類や支給についての手続きについては、下の表をご覧ください。申請場所:各区役所保険年金課福祉医療係(このページ下部に各区のお問合せ先があります。

ページの先頭に戻る

このエリアではサイト内を人生のできごとから探しなおせます。また、イベント情報をお伝えしています。

人生のできごとから探す

  • 妊娠/出産
  • 育児/子育て
  • 入学/教育
  • 住まい/引越し
  • 就職/仕事
  • 結婚/離婚
  • 高齢/介護
  • 死亡/相続

イベント情報

イベント


表示モード : パソコン版スマートフォンサイト

ページの先頭に戻る