ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2017年7月24日 / ページ番号:C053632

後期高齢者医療制度における医療費の一部負担金の割合と高額療養費

このページを印刷する

一部負担金の割合

医療機関で保険診療を受けたときは、世帯の所得区分に応じてかかった医療費の一部を自己負担します。

世帯の所得区分についてはこちらをご覧ください。

一般・低所得者1・低所得者2

1割

現役並み所得者

3割

(補足)東日本大震災により被災された被保険者の方はこちらをご覧ください。
(補足)災害等の特別な事情により、一時的に一部負担金(病院の窓口で支払う本人負担分)の支払が困難と認められる場合には、申請により一部負担金の減額又はその支払の免除を受けられる場合があります。

 詳しくは、埼玉県後期高齢者医療広域連合(新しいウィンドウで開きます) をご覧ください。

1ヶ月の自己負担限度額と高額療養費

同じ医療機関において1か月あたりの自己負担額の合計が限度額を超えた場合は、高額療養費として払いもどします。

  1. 初めて高額療養費に該当する方

診療月の2か月から3か月後に申請書を送付します。申請書の返送後、ご指定の銀行口座へ振り込みます。

  1. 高額療養費の支給が2回目以降の方

申請の必要はありません。診療月の3か月から4か月後、初回申請時に登録したご指定の銀行口座へ自動的に振り込みます。

 

自己負担限度額

世帯の所得区分

現役並み所得者

一般の方

低所得者2

低所得者1

一部負担金の割合

3割

1割

1割

1割

外来(個人ごと)

57600円

14000円

(補足2)

8000円

8000円

外来+入院(世帯ごと)

80100円+

(医療費総額-267000円)×1%

57600円

24600円

15000円

過去12か月の間に4回以上高額療養費が支給される場合の

外来+入院(世帯ごと)

44400円

44400円

24600円

15000円

(補足1)世帯の所得区分についてはこちらをご覧ください。
(補足2)一般の方は、1年間の自己負担限度額が14万4千円です。
(補足3)75歳になった月の自己負担限度額は、誕生日が1日の方を除き、表の額の2分の1となります。
(補足4)低所得者1・低所得者2の方には、申請により限度額適用・標準負担額減額認定証を交付します。認定証を提示すると、入院時及び外来診療時(同一月・同一診療機関の場合)の支払いが限度額までとなります。

詳しくは、厚生労働省(新しいウィンドウで開きます)・埼玉県後期高齢者医療広域連合(新しいウィンドウで開きます) のホームページをご覧ください。

特定疾病療養受療証

特定疾病(人工透析を実施する慢性腎不全、血友病、抗ウイルス剤を投与している後天性免疫不全症候群)の治療を受ける方へ、申請により特定疾病療養受療証を交付します。

医療機関の窓口に特定疾病療養受療証を提示した場合の自己負担限度額は、次のとおりです。

入院・外来ごと1か月あたり限度額

10,000円
(補足)医療機関ごとに限度額の支払いが必要です。

お問い合わせ

各区役所 保険年金課 福祉医療係

  • 西区 電話番号:048-620-2655
  • 北区 電話番号:048-669-6055
  • 大宮区 電話番号:048-646-3055
  • 見沼区 電話番号:048-681-6055
  • 中央区 電話番号:048-840-6055
  • 桜区 電話番号:048-856-6165
  • 浦和区 電話番号:048-829-6127
  • 南区 電話番号:048-844-7165
  • 緑区 電話番号:048-712-1165
  • 岩槻区 電話番号:048-790-0157

関連ダウンロードファイル

GET ADOBE READER

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトからAdobe Readerをダウンロードしてください。

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

保健福祉局/福祉部/年金医療課 高齢者医療係
電話番号:048-829-1278 ファックス:048-829-1947

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


ページの先頭に戻る