ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2017年7月24日 / ページ番号:C054687

後期高齢者医療制度の所得区分

このページを印刷する

医療機関窓口での保険診療分の一部負担金や高額療養費の自己負担限度額、入院時の食事療養費・生活療養費の自己負担額は、世帯の所得に応じて「現役並み所得者」「一般」「低所得者2」「低所得者1」に分けられます。

現役並み所得者 

本人、同一人世帯の後期高齢者医療被保険者のいずれかの市民税・県民税の課税標準額が145万円以上の方。

(補足)前年12月31日現在において世帯主である被保険者については、同一世帯に合計所得が38万円以下である16歳未満の方がいる場合は1人につき33万円を、16歳から19歳未満の方がいる場合は1人につき12万円をそれぞれ、市民税・県民税の課税標準額から控除して計算します。

ただし、次にいずれかにあてはまる方は、基準収入額適用申請書の提出により「一般」になります。

  1. 被保険者が1人の世帯で、各種控除前の収入額が383万円未満。
  2. 被保険者が1人の世帯で、1にあてはまらず、被保険者以外の70歳以上の世帯員を含めて合計した収入額が520万円未満。
  3. 被保険者が2人以上の世帯で、各種控除前の収入額が合計520万円未満。

(補足)収入額は、退職金及び課税対象とならない収入を除く、各種控除・必要経費を引く前の全ての額。

一般

「現役並み所得者」「低所得者1」「低所得者2」以外の方。

(補足)昭和20年1月2日以降生まれの被保険者、及びその属する世帯の被保険者の基礎控除後の総所得金額等の合計額が210万円以下である場合は「一般」となります。

低所得者2

同一世帯の全員(被保険者以外も含む)の市民税・県民税が非課税で「低所得者1」以外の方。

低所得者1

次の全てにあてはまる方。

  • 同一世帯の全員(被保険者以外も含む)の市民税・県民税が非課税。
  • 同一世帯の全員の所得が0円。(年金の所得は控除額を80万円として計算)

お問い合わせ

各区役所 保険年金課 福祉医療係

  • 西区 電話番号:048-620-2655
  • 北区 電話番号:048-669-6055
  • 大宮区 電話番号:048-646-3055
  • 見沼区 電話番号:048-681-6055
  • 中央区 電話番号:048-840-6055
  • 桜区 電話番号:048-856-6165
  • 浦和区 電話番号:048-829-6127
  • 南区 電話番号:048-844-7165
  • 緑区 電話番号:048-712-1165
  • 岩槻区 電話番号:048-790-0157

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

保健福祉局/福祉部/年金医療課 高齢者医療係
電話番号:048-829-1278 ファックス:048-829-1947

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


ページの先頭に戻る