ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2016年8月12日 / ページ番号:C006253

さいたま市の自殺対策について

このページを印刷する

自殺の現状について

わが国では、平成10年に自殺者数が前年に比べ3割余りも急増し、その後も年間3万人を超える高い水準で推移してきました。
平成24年に15年ぶりに3万人を下回り、平成27年には24,025人となりましたが、依然として深刻な事態となっています。
さいたま市においても、全国と同様に平成10年に自殺者数が急増し、年間約200人の方が自殺により命を落としている状況が続いています。

自殺には、健康問題、経済・生活問題、家庭問題のほか、多重債務や長時間労働、失業率の増加に代表される雇用・経済環境の悪化や、人生観・価値観の変化など様々な社会的要因が複雑に関係しているとされおり、単に個人の問題として捉えるのではなく、社会的な要因も踏まえた総合的な対策を実施する必要があります。

関連ダウンロード
平成27年さいたま市における自殺の状況(PDF)
※本資料では、警察庁自殺統計(発見日、発見地ベース)を使用しています。

外部リンク
内閣府自殺の統計
埼玉県における自殺者数の状況について 

さいたま市における自殺対策の取組み

さいたま市自殺対策推進計画
「市民一人ひとりが、かけがえのない命を大切にし、ともに支え合い、安心して暮らせる地域社会の実現」を基本理念とした、さいたま市における自殺対策に関連する取り組みを総合的に推進するための計画です。

さいたま市自殺対策医療連携事業
自らを傷つけてしまった方や、死んでしまいたいと考えている方のうち、専門医療機関(精神科・心療内科等)への受診が必要と判断され、受診希望のある方を、さいたま市内の精神科病院・精神科診療所に紹介するシステムです。 

暮らしとこころの総合相談会
弁護士・司法書士・社会福祉士による多重債務・生活・失業相談や精神保健福祉士・臨床心理士によるこころの健康相談を実施しています。

大切な方を自死(自殺)で亡くされた方の相談
自死遺族〔大切な人を自死(自殺)で失った遺族〕の相談を随時受け付けています。 

こころの健康ガイド
気軽に心の悩みを相談できるよう、相談窓口や医療機関の情報を掲載しています。

相談窓口について

さいたま市こころの健康センターでは、さいたま市にお住まいの方を対象に心の健康に関するさまざまな相談をお受けしています。

その他の相談窓口については、「さいたま市の相談窓口をご案内します」をご覧ください。

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

保健福祉局/保健部/健康増進課 保健係
電話番号:048-829-1294 ファックス:048-829-1967

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


ページの先頭に戻る