ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2014年12月17日 / ページ番号:C008689

塩素系消毒液の使い方

このページを印刷する

(補足)印刷する場合は、画面下のダウンロードファイルをご利用ください
 

  • インフルエンザやノロなどのウイルス、多くの細菌には加熱や次亜塩素酸ナトリウムによる消毒が有効です。(効果のない病原体もありますので、ご確認下さい。)
  • 次亜塩素酸ナトリウムは、家庭用の次亜塩素酸ナトリウムを含む塩素系漂白剤でも代用できます。これらを薄めて使います。
  • 次亜塩素酸ナトリウムの濃度は、製品により異なります。製品の表示で濃度を確認してください。また、使用の際は、製品の「使用上の注意」をよく確認し、十分に換気を行ってください。 

一般的な希釈方法
 次亜塩素酸ナトリウムを水で薄めて「消毒液」を作り、使用します。

作りたい消毒液の濃度 製品の濃度 希釈方法 用途
製品の量 水の量
200ppm(0.02%) 6% 10mL 3L 床、ドアノブ、手すりなどの拭き取りや食器、衣類などの消毒
1% 60mL 3L
1000ppm(0.1%) 6% 50mL 3L おう吐物、便の処理
(袋の中で廃棄物を浸す)
1% 300mL 3L

(補足)希釈方法の詳細は、製品の添付文書をご覧ください。

消毒の仕方(基本)

  1. 二次感染を防ぐためにも、使い捨ての手袋、マスク、エプロンを着用しましょう。
  2. 汚物(例:鼻汁、嘔吐物、便など)をペーパータオル等でぬぐい取ります。汚物が残っていると消毒液の効果が著しく低下するため、あらかじめ取り除いてから消毒してください。
  3. 汚物を拭き取った場所は、消毒液を浸み込ませた布やタオル等で覆うか浸すように拭きます。10分程度経ったら水拭きしてください。次亜塩素酸ナトリウムは金属を腐食させる性質があるため、特に金属に使用したときは念入りに拭いてください。
  4. 汚物が付着した衣類、シーツなどは、あらかじめ洗剤を入れた水の中で静かに下洗いした後、30分間消毒液に浸します。その後、他のものと分けて通常の洗濯をします。
  5. 消毒後は、流水と石けんで十分に手洗いをしましょう。

注意点 

  • 次亜塩素酸ナトリウムは時間が経つと効果が低下しますので、最近購入した使用期限内のものを使います。また、作りおきせずにその都度希釈し使い切ってください。
  • 消毒の際は、十分に換気を行ってください。
  • 次亜塩素酸ナトリウムは、皮膚に対して刺激作用があるので、手指・皮膚の消毒には使用しないでください。
  • 汚物の拭き取りに使用したペーパータオル等は、すぐにビニール袋に入れ次亜塩素酸ナトリウムに浸し、密閉して廃棄します。
  • 色落ちが心配なものは、他の方法(熱水消毒など)で消毒しましょう。

関連ダウンロードファイル

GET ADOBE READER

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトからAdobe Readerをダウンロードしてください。

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

保健福祉局/健康科学研究センター/保健科学課 
電話番号:048-840-2250 ファックス:048-840-2267

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


ページの先頭に戻る