ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2017年8月31日 / ページ番号:C055557

C型肝炎特別措置法に基づく給付金受給のために必要な手続について

このページを印刷する

C型肝炎に関する給付金について

C型肝炎ウィルスの検査は受けましたか?

現在、「特定フィブリノゲン製剤及び特定血液凝固第9因子製剤によるC型肝炎感染被害者を救済するための給付金の支給に関する特別措置法(略称:C型肝炎特別措置法)」に基づき、出産や大量出血等の際に、特定の血液製剤を投与されたことにより、C型ウィルス感染した方に対して、国が給付金を支給しています。給付金の支給を受けるためには、平成30年1月15日までの訴訟提起が必要です。

当該給付金の仕組みについて、ご不明な点がございましたら、厚生労働省又は(独)医薬品医療機器総合機構(PMDA)までお問い合わせください。

問い合わせ先

 厚生労働省フィブリノゲン製剤等に関する相談窓口
 フリーダイヤル 0120-509-002
  受付時間:9時30分~18時00分(土・日・祝日・年末年始を除く)

 (独)医薬品医療機器総合機構給付金支給相談窓口
 フリーダイヤル:0120-780-400
  受付時間:9時00分~17時00分(土・日・祝日・年末年始を除く)

この記事についてのお問い合わせ

保健福祉局/保健部/食品・医薬品安全課 
電話番号:048-829-1300 ファックス:048-829-1967

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


ページの先頭に戻る