ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2016年6月14日 / ページ番号:C001351

精神障害者保健福祉手帳

このページを印刷する

精神疾患を有する方で、精神障害のために、長期にわたって日常生活又は社会生活への制約があると認められた場合に交付されます。手帳を取得すると、各種税の減免及び控除や、公共施設の使用料の減免を受けることができます。

申請方法

申請書(所定の様式)のほかに、以下の 1から5 の書類(2,3はいずれか)を添えて各区役所支援課に申請してください。

※平成28年1月より、マイナンバー法の施行に伴い申請に必要な書類が大きく変わりますのでご注意ください。

  1. 診断書(精神障害者保健福祉手帳用)
    所定の様式です。診断書の作成は、精神障害に係る初診日から6ヵ月以上を経過する必要があります。

(補足)精神障害を支給事由とする障害年金または特別障害給付金を受給されている方は、2.または3.の書類を添付することで診断書に代えられます。この場合、年金事務所や共済組合等への照会のため、同意書が必要となります。

  1. 年金証書の写し及び直近の年金振込(支払)通知書の写し
  2. 特別障害給付金受給資格者証(特別障害給付金支給決定通知書)の写し及び直近の国庫金振込(送金)通知書の写し
  3. 個人番号の確認ができるもの
    ・マイナンバーカード(個人番号カード) 
    ・通知カード 
    ・個人番号の入った住民票 のいずれか
  4. 身元確認書類
    ・運転免許証、旅券等顔写真つきの身分証明書については1点
    ・保険証、年金手帳等顔写真なしの身分証明書については2点
  • 申請書・診断書は各区役所支援課にあります。また、医療機関においてある場合もあります。(このページからもダウンロードできます。)
  • 4,5を郵送の場合はコピーを送付してください。

精神障害者保健福祉手帳の交付が認められた場合、各区役所支援課からご連絡いたします。取りにお越しになる際に、ご本人の写真(縦4センチメートル×横3センチメートル、上半身脱帽、1年以内に撮影されたもの)をお持ちください。
(補足平成18年10月から精神障害者保健福祉手帳が顔写真付きに変わりました。なお、現在お持ちの手帳は引き続きご利用できますが、ご希望があれば顔写真付きの手帳と引き換えることができます。詳しくはお問合わせください。
(補足)
平成26年4月1日より精神障害者保健福祉手帳の性別欄が削除されました。

ご注意

精神障害者保健福祉手帳の有効期間は2年間です。更新の申請は有効期間終了の3ヵ月前から受け付けていますので、お早めに手続きください。

  • 精神障害者保健福祉手帳用申請書・診断書のダウンロード
    なお、申請書は、本人がご記入ください(代筆可)
    また、診断書は、精神保健指定医その他精神障害の診断又は治療に従事する医師が作成してください。(なお、ダウンロードファイルはA4サイズ2ページとなっていますが、印刷の際には両面印刷でA4サイズ1枚にして提出してください。)

ダウンロード

お問い合わせ

  • 西区支援課 電話番号 048-620-2662 ファックス 048-620-2766
  • 北区支援課 電話番号 048-669-6062 ファックス 048-669-6166
  • 大宮区支援課 電話番号 048-646-3062 ファックス 048-646-3166
  • 見沼区支援課 電話番号 048-681-6062 ファックス 048-681-6166
  • 中央区支援課 電話番号 048-840-6062 ファックス 048-840-6166
  • 桜区支援課 電話番号 048-856-6172 ファックス 048-856-6276
  • 浦和区支援課 電話番号 048-829-6143 ファックス 048-829-6239
  • 南区支援課 電話番号 048-844-7172 ファックス 048-844-7276
  • 緑区支援課 電話番号 048-712-1172 ファックス 048-712-1276
  • 岩槻区支援課 電話番号 048-790-0163 ファックス 048-790-0266

(補足)精神障害者保健福祉手帳の申請時に必要となる診断書にかかった費用への助成制度があります。

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

保健福祉局/福祉部/障害支援課 自立支援給付係
電話番号:048-829-1305 ファックス:048-829-1981

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


ページの先頭に戻る