ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2018年8月1日 / ページ番号:C059312

平成30年度「心の輪を広げる体験作文」及び「障害者週間のポスター」を募集します!

このページを印刷する

内閣府、各都道府県及び各政令指定都市は「心の輪を広げる障害者理解促進事業」の一環として、障害及び障害者に対する理解を深めるため、心のふれあい体験をテーマとした作文と「障害者週間」を広報する啓発ポスターを募集します。

心の輪を広げる体験作文

・応募資格
市内在住の小学生以上の方(特別支援学校の小学部、中学部及び高等部の児童生徒を含む)

・作文の題及び内容
作文の題は自由とし、内容は、障害のある人とない人との心のふれあいの体験をつづったものとする。なお、応募作品は、未発表のもの1編に限る。

・募集の区分
小学生部門、中学生部門、高校生・一般部門の3部門で募集します。

・応募規定
用紙は、400字詰め原稿用紙を使用(B4判縦書き)で、小学生部門及び中学生部門は2~4枚程度、高校生・一般部門は4~6枚程度とします。

障害者週間のポスター
 

・応募資格
市内在住の小・中学生の方(特別支援学校の小学部及び中学部の児童生徒を含む)

・テーマ
障害者に対する理解の促進等に資し、障害のある人とない人の間の相互理解を促進するもの。
小学生部門においては、造形的表現で訴えるものとし、標語その他の文字を入れないこととする。
中学生部門においても、造形的表現で訴えるものとし、標語その他の文字を入れることは差し支えないが、『12月2日~8日は「障害者週間」』の標語は、内閣府がポスター作成の際に入れるので使わないこととする。
なお、応募作品は、未発表のもの1点に限る。

・募集の区分
小学生部門、中学生部門の2部門で募集します。

・応募規定
規格は、画用紙のB3判(横364mm×縦515mm)又は、いわゆる四つ切り(横382mm×縦542mm)を使用し、これに満たない作品は、B3判又は四つ切りの大きさの台紙に貼付する。作品は縦位置(縦長)のみとします。彩色画材は自由です。

募集に係る共通事項
 

・応募方法
さいたま市役所障害政策課、各区役所支援課にて配布中の応募用紙(作文応募用紙(PDF形式:8KB)ポスター応募用紙(PDF形式:8KB))を作品に添付し、直接又は郵送で提出してください。

・応募作品について
応募作品は、未発表及び他への使用がないことが要件となっています。
応募作品は、市において審査の後、最優秀と認められた作品は、市主催の式典で表彰のうえ、内閣府が主催する審査会に推薦します。なお、作品の返却は原則として行いませんのでご注意ください。
作品の審査結果につきましては、平成29年10月頃に、入選された方のみへの通知をもって、発表と代えさせていただきますので、ご了承くださいますようお願いします。

・応募期間
平成30年7月2日月曜日 から 平成30年9月3日月曜日 まで
※郵送の場合は9月1日金曜日必着

・応募先 及び 問合せ先
〒330-9588 浦和区常盤6-4-4
さいたま市 保健福祉局 福祉部 障害政策課 ノーマライゼーション推進係
電 話 048-829-1306(直通)
FAX 048-829-1981

関連ダウンロードファイル

GET ADOBE READER

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトからAdobe Readerをダウンロードしてください。

この記事についてのお問い合わせ

保健福祉局/福祉部/障害政策課 ノーマライゼーション推進係
電話番号:048-829-1306 ファックス:048-829-1981

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


ページの先頭に戻る