ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2017年8月23日 / ページ番号:C055331

さいたま市寡婦(夫)控除のみなし適用の実施のご案内

このページを印刷する

 ひとり親家庭の生活の安定と向上を図るために、さいたま市では、税法上の寡婦(夫)控除が適用されない方に対し、みなし適用を実施します。

みなし適用の内容

 対象事業を利用する場合に、対象者であることを申し立てることによって、税法上の寡婦(夫)控除が適用されるものとみなして所得や課税額の計算を行い、利用料の減額などを行います。
 ※ みなし適用をした場合でも、利用料が減額とならない場合があります。
 ※ みなし適用は、税法上の寡婦(夫)控除が受けられるものではありません。

みなし適用の対象者

 ○未婚の母の場合は、次の要件を満たす者
 1.所得の計算対象となる年の12月31日以前に婚姻によらないで母となっていること。
 2.今までに婚姻をしたことがないこと
 3.現在、婚姻の届出をしていないが、事実上婚姻と同様の関係にある者がいないこと。
 4.現在、扶養親族 または 生計を一にする子を有すること。

 ○未婚の父の場合は、次の要件を満たす者
 1.所得の計算対象となる年の12月31日以前に婚姻によらないで父となっていること。
 2.今までに婚姻をしたことがないこと
 3.現在、婚姻の届出をしていないが、事実上婚姻と同様の関係にある者がいないこと
 4.生計を一にする子を有すること。
 5.所得の計算対象となる年の合計所得金額が500万円以下であること。

  ※ ここでいう「子」とは、他の者の控除対象配偶者又は扶養親族となっていない子で、所得の計算対象となる
    年の総所得金額、退職所得金額及び山林所得金額の合計額が38万円以下のものをいいます。

みなし適用の開始時期

 平成29年9月より開始いたします。

みなし適用の申込方法

 対象事業ごとに、みなし適用の対象者であることを申し立てる必要があります。
 詳細については、対象事業の申請窓口までお問い合わせください。
  ※ 対象事業ごとの申立てとなりますので、必要な書類が異なる場合があります。

対象事業・申請窓口

 このページの下部にあるファイルをご覧ください。

関連ダウンロードファイル

GET ADOBE READER

PDFファイルの閲覧にはAdobe Reader(無償)が必要です。同ソフトがインストールされていない場合には、Adobe社のサイトからAdobe Readerをダウンロードしてください。

この記事についてのお問い合わせ

子ども未来局/子ども育成部/子育て支援政策課 
電話番号:048-829-1909 ファックス:048-829-1960

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


ページの先頭に戻る