ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2018年3月15日 / ページ番号:C046897

知的障害を知っていますか?

このページを印刷する

「知的障害」とは?

知的障害とは、生活に関わる能力が制限されていることによって、社会生活がうまく送れなくなっている状態です。小さい頃から勉強が苦手で、頑張っているのに、なんだかうまくできないことが多かった・・・という理由のひとつに、知的障害が隠れていることがあります。小さい頃は特徴が目立たなくても、年齢が上がり、自分でやらないといけないことが増えると、困りごとが増えて、本人や周りが気づくことがあります。一見、障害を感じさせない方もいますが、複雑な会話が苦手であったり、考えるのに少し時間がかかったり、状況を判断して予想や計画を立てることが難しいという方もいます。

本人や周りの人が特徴を理解すること、そして困りごとに対して特徴に合わせた工夫をしていくことで、より生活しやすくなる可能性があります。

知的障害の基準

一般的な知的障害の定義は次のように考えられています。

1.知的能力が低いこと
個別に実施した知能検査で、IQ(知能指数)が平均より明らかに低い状態。

2.適応能力が低いこと
社会生活に関わる能力が、同年齢の他の人に比べて低く、身辺自立や対人関係、仕事、金銭管理、家事や育児などに支障がある状態。

3.発達期に現れていること
1、2の状態が発達期(おおむね18歳)までにおける種々の原因によって起きている。そのため、発達期を過ぎてから知能や適応能力が低下しても、知的障害とはみなされません(例:認知症、頭部外傷による能力の低下など)

知的障害の特徴

特徴の現れ方は一人一人違い、個人差が大きいですが、よくある特徴は以下の通りです。

・相手の言葉が理解できない
難しい言葉がわからないだけでなく、早口で言われたり、同時にいくつものことを言われたりすると、理解できないことがあります。
【対応の工夫】短い言葉で、ゆっくり伝える。言葉だけでなく、身振り、絵、写真、メモ(文字)等を使う。

・うまく伝えることが苦手
知っている言葉が少なく、思っていることをうまく伝えられません。たくさんのことを話したくても、途中で忘れてしまったり、文章がうまくまとまらず混乱してしまったりします。
【対応の工夫】急がせずに本人が話し出すのを待つ。「なぜ?」「なに?」でなく、「…と~どっち?」と選択肢を出して聞く。本人の言葉を繰り返して伝え、確認する。

・状況に応じた行動をすることが難しい
いくつかのことを同時に行うことが難しく、頭がいっぱいになって混乱してしまうことがあります。また、いつもと違う出来事があると、どうしたらいいかわからず、うまく対応できないことがあります。
【対応の工夫】やるべきことを短い言葉で伝える。メモに書いて順番を伝える。

本人が、自分の良いところ(強み)・苦手なところ(弱み)を知ることも大切です。苦手なことはどうすればいいか考え、一人でうまくいかない時は周りの人にSOSを出せるとよいでしょう。周囲の理解や支援によって、その方なりに一歩一歩成長していける可能性を持っています。

さいたま市では、知的障害の方の生活をサポートするための、療育手帳制度があります。詳しくは、療育手帳Q&Aのページをご覧ください。

知的障害についてイラストで学べるページ

さいたま市障害者更生相談センターとNPO法人ぷるすあるはが協同制作した知的障害についてイラストで学ぶページです。

下のバナー(イラスト)をクリックしてください。

知的障害バナー

知的障害に関する一次相談窓口

<障害者生活支援センター>

設置区 施設名 対応 連絡先

西区(にしく)

ゆめの園 全障害 (048) 623-1768

北区(きたく)

みぬま 知的・身体 (048) 796-5705
大宮区(おおみやく) みぬま 知的・身体 (048) 650-6460
見沼区(みぬまく) 来人(らいと) 知的・身体 (048) 682-0677
中央区(ちゅうおうく) 来夢(らいむ) 全障害 (048) 859-7231
桜区(さくらく) さくらとぴあ 全障害 (048) 783-7800
浦和区(うらわく) むつみ 知的・身体 (048) 824-3640
南区(みなみく)
※全障害対応施設が2カ所あります
あみーご 全障害 (048) 866-5098
社協ひまわり 全障害 (048) 710-8105
緑区(みどりく) むつみ 全障害 (048) 607-1467
岩槻区(いわつきく) ささぼし 全障害 (048) 793-4701

<各区役所 支援課>

区役所支援課 電話番号
西区(にしく) (048) 620-2662
北区(きたく) (048) 669-6062
大宮区(おおみやく) (048) 646-3062
見沼区(みぬまく) (048) 681-6062
中央区(ちゅうおうく) (048) 840-6062
桜区(さくらく) (048) 856-6172
浦和区(うらわく) (048) 829-6143
南区(みなみく) (048) 844-7172
緑区(みどりく) (048) 712-1172
岩槻区(いわつきく) (048) 790-0163

この記事についてのお問い合わせ

保健福祉局/福祉部/障害者更生相談センター 
電話番号:048-646-3129 ファックス:048-646-3163

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


ページの先頭に戻る