ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2018年5月1日 / ページ番号:C059288

春のオレンジリボンキャンペーンの実施について

このページを印刷する

春のオレンジリボンキャンペーンを実施します!

目 的

 子ども虐待防止の象徴であるオレンジリボンを広く周知することにより、子どもへの虐待を防止し、「虐待のない社会をつくりたい」「子どもへの虐待をなくしたい」という共感の輪を広げていくことを目的としています。

期 間

 平成30年5月1日(火)から31日(木)まで

内 容

1 大宮アルディージャとの連携・共同

 リボンと同じオレンジをチームカラーとし、さいたま市をホームタウンとする大宮アルディージャ及び埼玉県と連携・共同し、5月19日(土)に開催されるJ2リーグ第15節FC岐阜戦(NACK5スタジアム大宮)においてキャンペーンを実施します。

2 オレンジリボンバッジの着用

 市全職員がオレンジリボンバッジを着用します。

3 市・区役所等における啓発

 各区支援課、各区保健センター、子ども家庭総合センター、保健所地域保健支援課、各子育て支援センターの窓口等において、啓発グッズの設置、配布を行います。

オレンジリボンマークの由来

 平成16年9月、栃木県小山市で2人の幼い兄弟が虐待の末、橋の上から川に投げられて亡くなる事件をきっかけに、小山市の市民グループ「カンガルーOYAMA」が、子どもの虐待防止を目指して、平成17年にオレンジリボンキャンペーンを始めました。
 オレンジリボンの色は、里親家庭で育った子どもたちが「子どもたちの明るい未来を示す色」として選んだと言われています。

オレンジリボンマーク

オレンジリボンマーク

 

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

子ども未来局/子ども育成部/子育て支援政策課 養護・手当係
電話番号:048-829-1270 ファックス:048-829-1960

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


ページの先頭に戻る