ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2018年5月25日 / ページ番号:C053163

新設保育所等の空き保育室等を活用し、1歳児を対象とする、期間限定の保育を実施します。

このページを印刷する

定期保育のご案内【概要】 

平成30年4月1日から、定員に満たない新設園等の空き保育室等で、1歳児を対象に2年間の期間限定保育(以下、「定期保育」)を実施します。(議会での予算承認が条件となります。)

【対象】

以下の条件全てにあてはまる児童

1 利用月の初日にさいたま市内在住で、平成30年4月1日現在1歳の児童
2 保育施設利用申込書を提出済みで、利用が決定していない児童
3 保育士の加配が必要でない児童(育成支援の対象でない児童)
※支給認定(保育の必要性の認定)を受けている必要があります。

【期間】

平成30年4月1日から最長で平成32年3月31日まで
(元号が変わる予定ですが、読み替えします。以下同じです。)

(注1) 平成32年4月からも保育施設の利用を希望する場合、改めて利用申込みをする必要があります。その場合、利用調整(選考)の際の保育指数は、乳幼児保育所卒園児と同様となります。
(注2)定期保育を利用した場合でも、5月以降の利用調整(選考)の対象となりますので、定期保育利用園からの転園の対象となります。転園したくない保育施設を削除する等、希望順位の変更(申込内容変更届の提出)をしてください。
(注3)定期保育を利用した場合、通常の保育の利用調整(選考)の保育指数は、認可保育所の一時保育利用中と同様となります。
※定員に空きがあれば5月1日以降も利用開始が可能です。

【実施保育施設及び人数】

※受入可能人数は、3月6日現在です。
認可保育所
・ うぐす保育園 日進 ( 北区 / 3人 )
・ あおぞらウィンクルム保育園( 大宮区 / 6人 )
・ みずほ保育園与野新中里 ( 中央区 / 3人 )
・ うらわポポロ保育園 ( 浦和区 / 5人 )
・ 常盤たいよう保育園 ( 浦和区 / 8人 )
・ 武蔵浦和クマさん保育所 ( 南区 / 8人 )
・ 中浦和まりーな保育園 ( 南区 / 6人 )
・ 武蔵浦和ひなた保育園 ( 南区 / 6人 )
・ いちごの里保育園 ( 南区 / 2人 )
・ 浦和みその保育園 ( 緑区 / 10人 )
・ おひさま保育園岩槻 ( 岩槻区 / 8人 )

【申込用紙】

各区支援課窓口で配布しています。
また、以下からダウンロードしてご利用いただくこともできます。
(ダウンロードの場合、A4の用紙に両面印刷でのご利用にご協力ください。)
申込用紙は、A4両面1枚分です。

・定期保育利用申込書のダウンロード
・定期保育利用申込書(記入例)のダウンロード

【申込場所】

各区支援課に直接お持ちください。
※提出書類は「定期保育利用申込書」のみです。

【申込期間】

4月からの利用開始をご希望の場合、平成30年2月27日(火曜日)まで
(注)家庭状況、勤務状況等について、通常利用の申込み時点から変更があった場合、「申込内容変更届」とそれに伴う必要書類を添付してください。(平成30年2月27日(火曜日)まで
・5月以降の利用開始をご希望の場合
利用開始希望月の前月の10日まで
※ 10日が土日等の閉庁日の場合は、翌開庁日となります。
※ 受付時間は、いずれの場合も閉庁日を除き、各日午前9時から午後5時までとなります。 

【申込用紙の記入方法】

記載例を参照してください。
※ 通常の利用申込と異なる点
・ 主たる生計者の署名押印をしてください。 (最長で平成32年3月31日までの入所となるため)
・ 定期保育の利用を希望する期間を記入してください。(同上)

【希望施設の変更(削除)期限】

・通常利用で申込み済の希望施設よりも、定期保育の希望施設を優先したい場合には、各利用調整(選考)前に、通常申込の希望施設を変更(削除)する必要があります。
・平成30年2月27日(火)までに変更すると二次選考から反映されます。

【選考結果】

・3月12日頃(5月以降の希望は、前月20日頃)、保護者宛に内定の場合「利用内定通知書」、内定とならなかった場合「利用調整結果通知書」を郵送にて通知します。
※4月利用開始の定期保育に内定した場合、4月二次利用調整(選考)の結果通知後、内定者の辞退等により4月利用開始の通常利用枠に空きが生じた際に実施する補充選考の対象にはなりませんので、予めご了承ください。

【備考】

・定期保育を実施する部屋は当該保育施設の状況により、5歳児室以外の保育室となる場合があります。
・定期保育は空き保育室等を有効活用するため、通常利用の場合と環境等が異なることがあります。
・定期保育の利用者負担額(利用料)は、通常利用の場合と同様です。世帯の市民税額によって利用者負担額が決定され、多子軽減制度の対象になります。(通常の利用者負担額の内容は、「保育施設利用のてびき」「さいたま子育てWEB」をご覧ください。平成30年度については3月に決定予定です。)
・延長保育、病児保育、休日保育も利用の対象となります。

この記事についてのお問い合わせ

子ども未来局/幼児未来部/のびのび安心子育て課 施設整備係
電話番号:048-829-1868 ファックス:048-829-2516

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


ページの先頭に戻る