ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2016年9月20日 / ページ番号:C021880

学校図書館教育

このページを印刷する

さいたま市は、「さいたま市の子どもたちは日本で一番本が好き」の実現を目指しています。

さいたま市教育委員会では、「さいたま市の子どもたちは日本で一番本が好き」の実現を目指し、学校図書館教育を推進するために、「さいたま市学校図書館資源共有推進事業」に取り組んでいます。

「さいたま市学校図書館資源共有推進事業」

1 事業の目的

本事業の目的は、学校図書館を活用した教育活動の充実及び学校を越えた図書の共同利用を推進することです。そのために、学校図書館支援センター等の関係機関と連携して、児童生徒の読書への関心を高め、「さいたま市の子どもたちは日本で一番本が好き」の実現を目指すものです。

2 事業の内容

さいたま市学校図書館教育推進会議、さいたま市学校図書館資源共有ネットワーク連絡協議会の開催

  1. 学校図書館司書の市立小・中学校全校への配置及び司書教諭の発令
  2. 学校図書館コンピュータの市立小・中学校全校への整備及び蔵書のデータベース化の促進
  3. 蔵書の相互貸借システムの構築(ネットワーク便の計画的運行)
  4. 家庭、地域との連携による読書活動の推進
  5. 学校図書館支援センター及び市立図書館と学校との連携
  6. 「さいたま市『心を潤すこの一冊』子ども100選」事業の推進

関連ダウンロードファイル

この記事についてのお問い合わせ

教育委員会事務局/学校教育部/指導1課 
電話番号:048-829-1659 ファックス:048-829-1989

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


ページの先頭に戻る