ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2018年8月14日 / ページ番号:C056237

「すごい!」がいっぱい。さいたま市 (さいたま市立植竹小学校)

このページを印刷する

○さいたま市立植竹小学校
・「盆栽教育」を通して、人と文化、心のつながりを広げる

○概要
 本校の「盆栽教育」の開始は平成18年で、今年で11年目になります。5年生になると10月の盆栽教室で一人一鉢の盆栽をつくり、学校の盆栽庭園に置いて育てます。6年生の6月と10月に盆栽教室を開催し、マイ盆栽の手入れと鑑賞を行います。そして、卒業式の式場に飾り、子どもたちは自分の盆栽を持って卒業していきます。この活動には、命あるものを大切にする心、他者を思いやるやさしい心を持って卒業してほしいという教師や保護者、そして地域の方々の願いが込められています。
 今年は、第8回「世界盆栽大会」の会場に、11代目のマイ盆栽140鉢が展示され、開会式にも児童が招待されるなど、これまでの取組が大きく評価されました。

○取組の様子
【盆栽教室】年2回、本校の卒業生でもある「清香園」山田香織先生の御指導のもと、植栽や剪定、肥料やり、鑑賞などを行います。
【盆栽庭園】校舎2階のバルコニーに設置した盆栽庭園にマイ盆栽を置き、毎日の水やりや向き替えなどを行います。
【盆栽園見学】5年生になると、学区内にある「盆栽美術館」と「盆栽園」を見学し、大宮盆栽村の歴史を始めとした地域の文化を学習します。
【総合学習】「日本の文化を知ろう」「探ろう世界、見つめよう日本」というテーマで、総合の時間に調べ学習を行い、参観日等に発表会をしています。
【活動支援】この活動には、地域、専門家、ボランティアなど多くの協力があります。

○児童の感想
 盆栽を下からながめて見ると、本当に大きい木のように見えてきます。これからもマイ盆栽と一緒に自分も大きく成長していきたいと思います。今年は世界盆栽大会にも参加して、きんちょうしたけどよい思い出になりました。本当によかったです。

○5代目保護者の感想
 盆栽庭園が整備された年でもあり、子どもたちも意欲的に盆栽に取り組んでいました。この活動が今も続いていることが嬉しく、学校も地域も誇りにしてほしいです。
uetake-1  uetake-2  uetake-3
植竹小学校のホームページはこちら
uetake-e.saitama-city.ed.jp/
 

この記事についてのお問い合わせ

教育委員会事務局/管理部/教育政策室 
電話番号:048-829-1626 ファックス:048-829-1989

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


ページの先頭に戻る