ページの先頭です。 メインメニューへ移動 フッターへ移動


ページの本文です。

更新日付:2017年4月21日 / ページ番号:C050457

第2回さいたま国際マラソンを開催しました

このページを印刷する

大会ヘッダー

 2016年11月12日(土曜日)、13日(日曜日)にさいたま国際マラソンを開催しました。2017年にロンドンで開催される世界選手権の女子マラソン代表選手選考レースを兼ねたほか、制限時間を6時間に延長した一般フルマラソンの部では、約14,000人がさいたまを駆け巡りました。また、小学生から大人まで、親子や友人同士で楽しめるランニングイベント「駒場ファンラン」を駒場運動公園で開催しました。
 マラソン実施中は、大規模な警備や交通規制にご協力いただき、ありがとうございました。

目次
大会概要
代表チャレンジャーの部
一般フルマラソンの部門
8kmの部
駒場ファンラン11/12駒場運動公園で開催(別ページに移ります)
ボランティア
施設提供

大会概要

メインポスタービジュアル■大会名
 第2回さいたま国際マラソン(英文名:2nd Saitama International Marathon)
 兼 第16回世界陸上競技選手権大会(2017/ロンドン)代表選手選考競技会
■主催
 日本陸上競技連盟、埼玉県、さいたま市、読売新聞社、日本テレビ放送網
■後援
 スポーツ庁、埼玉県教育委員会、さいたま市教育委員会、越谷市、越谷市教育委員会、埼玉県体育協会、さいたま市体育協会、越谷市体育協会、報知新聞社、テレビ埼玉、文化放送、FM NACK5、東日本旅客鉄道大宮支社、東武鉄道、埼玉新都市交通、埼玉高速鉄道
■主管
 埼玉陸上競技協会
■特別協賛
 りそなグループ(りそな銀行 埼玉りそな銀行 近畿大阪銀行)
■協賛
 セコム、本田技研工業、セイコーホールディングス、プーマ ジャパン株式会社、ダスキンレントオール、コカ・コーライーストジャパン株式会社、株式会社リフレ
■協力
 近畿日本ツーリスト、フォトクリエイト
■運営協力(ファンラン部門)
 さいたま市陸上競技協会
■期日
 2016年11月12日(土)~13日(日)
■テレビ放送
 日本テレビ系全国ネット「りそなグループスポーツスペシャル 第2回さいたま国際マラソン~世界選手権女子マラソン代表選考レース~」 9:00~11:50生中継(【解説】高橋尚子、赤羽有紀子)
 テレビ埼玉「さいたま国際マラソン 情報LIVEステーション」 11:50~15:45生中継(【総合司会】早川茉希)
 CS放送日テレG+「第2回さいたま国際マラソン フルマラソン全員のフィニッシュ見せます」 11/23(水曜日・祝日)9:00~16:00  
■ラジオ放送
 FM NACK5「びーさんぼーいず〜Be SUNDAY BOYS〜 さいたま国際マラソンスペシャル」 8:00~12:00けやきひろば特設ブースから生放送(【パーソナリティ】ケイザブロー、斉藤リョーツ)
 文化放送「文化放送スポーツスペシャル 第2回さいたま国際マラソン実況中継」 9:00~13:00生放送(【解説】市橋有里、西田隆維)
■気象条件
 (11月12日(土曜日)車いすの部スタート時)
 天候:晴、気温:14.1度、風向:北の風 風速:2.8m/s
 (11月13日(日曜日)代表チャレンジャーの部スタート時)
 天候:晴、気温:12.4度、湿度:58%、風向:北北西の風 風速:0.3m/s
■出走者数 17,528人
■ボランティア従事人数 4,758人(11月11日~13日の3日間、延べ数)

▲上にもどる

代表チャレンジャーの部

コースマップ■内容 招待選手と一定の基準を満たした一般女性競技者
■スタート 11月13日(日曜日) 9時10分
■コース さいたま国際マラソンコース【さいたまスーパーアリーナ発着、日本陸上競技連盟、IAAF/AIMS公認コース】
■出走者数 228人
■完走率 96.5%
■入賞者 1位 チェイエチ・ダニエル(ケニア)  2:23:18
     2位 アマネ・ゴベナ(エチオピア)   2:25:58
     3位 モニカ・ジェプコエチ(ケニア)  2:28:56
     4位 アツェデ・ハブタム(エチオピア) 2:29:44
     5位 那須川 瑞穂(ユニバーサルエンターテイメント)2:23:16
     6位 キャシー・フィン(オーストラリア)2:33:17
     7位 マリーナ・ダマンツェビッチ(ベラルーシ)2:34:50
     8位 ウィンフリーダ・ケバソ(ニトリ) 2:35:53

 代表チャレンジャーの部スタート 代表チャレンジャーの部スターター
 ▲スタート(さいたまスーパーアリーナ前)   ▲スターターを務めた横川陸連会長
 (C)さいたま国際マラソン            (C)さいたま国際マラソン

 代表チャレンジャーの部さいたま新都心駅東口付近 代表チャレンジャーの部駒場付近
 ▲トップ集団から遅れはじめる日本人選手    ▲国道463号バイパスに入って最初の上り坂
 (さいたま新都心駅東口付近)         (駒場運動公園入口付近)
 撮影:さいたま市               (C)さいたま国際マラソン

 代表チャレンジャーの部新見沼大橋有料道路付近 代表チャレンジャーの部埼玉スタジアム2OO2付近
 ▲高層ビル群を背景に見沼田んぼを走り抜ける  ▲埼スタ周辺を走るトップ集団
 (新見沼大橋有料道路)             (埼玉スタジアム2OO2周辺)
 撮影:常法美佳(ボランティア)         (C)さいたま国際マラソン

 代表ちゃんジャーの部トップ 代表チャレンジャーの部日本人トップフィニッシュ
 ▲優勝したチェイエチ・ダニエル選手     ▲日本人トップの那須川選手フィニッシュ
 (さいたまスーパーアリーナ前)        (左同)
 (C)さいたま国際マラソン            (C)さいたま国際マラソン

▲上にもどる

一般フルマラソンの部 

コースマップ■スタート 11月13日(日曜日) 9時40分
■コース(代表チャレンジャーの部と同じ)
 さいたま国際マラソンコース【さいたまスーパーアリーナ発着、日本陸上競技連盟、IAAF/AIMS公認コース】
■出走者数 14,182人
■完走率 92.1%
■入賞者【男子】1位 石原 洸  (埼玉県) 2:25:34
        2位 坂本 隆哉 (東京都) 2:26:16
        3位 川内 鮮輝 (埼玉県) 2:29:19
        4位 松山 セナ (埼玉県) 2:30:27
        5位 増田 勇太 (埼玉県) 2:31:18
        6位 岩田 大樹 (埼玉県) 2:31:25
        7位 赤川 竜一 (埼玉県) 2:31:43
        8位 伊藤 貴士 (埼玉県) 2:32:45 
    【女子】1位 澤畠 朋美 (埼玉県) 2:48:11
        2位 綾部 しのぶ(神奈川県)3:00:10
        3位 小澤 なつ美(埼玉県) 3:05:13
        4位 杉原 有美 (千葉県) 3:05:15
        5位 與口 亜紀子(埼玉県) 3:08:07
        6位 川﨑 由理奈(埼玉県) 3:09:12
        7位 玉木 まゆみ(北海道) 3:09:31
        8位 小林 英子 (東京都) 3:12:31

 一般フルマラソンの部スタート 一般フルマラソンの部氷川参道一の鳥居前
 ▲スタート(さいたまスーパーアリーナ前)   ▲一の鳥居前を通過する市民ランナーたち(旧中山道)
 (C)さいたま国際マラソン            (C)さいたま国際マラソン

 一般フルマラソンの部旧中山道北浦和駅東口付近 一般フルマラソンの部新見沼大橋付近
 ▲約15,000人が旧中山道を駆け抜ける      ▲市民ランナーの列が弧をなす
 (旧中山道北浦和駅東口付近)         (新見沼大橋有料道路)
 撮影:井上和久(ボランティア)        撮影:さいたま市

 一般フルマラソンの部埼玉スタジアム2OO2付近 一般フルマラソンの部埼大通り
 ▲ランナーには暑いくらいの好天        ▲最後の上り坂に奮闘するランナーたち
 (埼玉スタジアム2OO2付近)          (埼大通り)
 (C)さいたま国際マラソン            撮影:井上和久(ボランティア)

 一般フルマラソンの部フィニッシュ 一般フルマラソンの部男子優勝者
 ▲次々とフィニッシュする市民ランナーたち   ▲トロフィーを受け取る男子優勝者の石原洸さん
 (さいたまスーパーアリーナ前)        (さいたま新都心けやきひろば特設ステージ)
 撮影:さいたま市               撮影:さいたま市

 一般フルマラソンの部女子優勝者
 ▲副賞の岩槻人形を受け取る女子優勝者の澤畠朋美さん
 (さいたま新都心けやきひろば特設ステージ)
 撮影:さいたま市

▲上にもどる

8kmの部

■スタート 11月13日(日曜日) 9時40分(一般フルマラソンの部と同時)
■コース さいたまスーパーアリーナをスタートし、駒場運動公園をフィニッシュとするコース
 ※さいたま国際マラソンコースの一部を使用
■出走者数 949人
■完走率 99.8%
■入賞者
【高校生男子※】1位 栗原 陸  (さいたま市) 0:39:38
        2位 上田 晃太郎(さいたま市) 0:45:07
        3位 小池 高揮 (さいたま市) 0:49:51
【高校生女子】 1位 秋山 瑞希 (さいたま市) 0:43:28
        2位 今村 瑠美 (さいたま市) 0:44:39
        3位 澤田 優奈 (さいたま市) 0:45:35
【男子39歳以下】1位 高柴 玲央 (さいたま市) 0:30:26
        2位 新居田 晃史(神奈川県)  0:31:57
        3位 石川 卓己 (東京都)   0:35:19
【女子39歳以下】1位 尾池 望  (東京都)   0:37:23
        2位 市川 舞奈 (新座市)   0:44:12
        3位 内田 碧  (石川県)   0:44:27
【男子40歳代】 1位 羽田野 貢史(杉戸町)   0:34:07
        2位 中塚 武史 (神奈川県)  0:34:25
        3位 川元 比呂秋(富士見市)  0:35:34
【女子40歳代】 1位 小野 幸子 (さいたま市) 0:41:11
        2位 武井 貴美子(さいたま市) 0:44:03
        3位 高橋 裕美 (さいたま市) 0:46:23
【男子50歳代】 1位 吉留 隆行 (東京都)   0:33:23
        2位 根本 賢治 (さいたま市) 0:38:19
        3位 遠山 貴夫 (上尾市)   0:38:58
【女子50歳代】 1位 石神 利佐子(朝霞市)   0:44:58
        2位 金子 久子 (春日部市)  0:45:21
        3位 佐藤 志保 (神奈川県)  0:47:10
【男子60歳以上】1位 松本 晃  (さいたま市) 0:40:10
        2位 星野 好男 (さいたま市) 0:40:49
        3位 齊藤 敏幸 (鴻巣市)   0:42:55
【女子60歳以上】1位 天渡 祥子 (さいたま市) 0:51:05
        2位 丸山 夏枝 (蓮田市)   0:51:05
        3位 碓井 啓子 (さいたま市) 0:52:28
 ※高校生男子の種目については、一部順位に変更がございました。

 8kmの部駒場運動公園前 8kmの部駒場運動公園内
 ▲産業道路上でマラソンと分岐する8kmの部   ▲続々と駒場運動公園にランナーが入ってくる
 (駒場運動公園前)              (駒場運動公園内)
 撮影:さいたま市                (C)さいたま国際マラソン

 8kmの部いよいよ駒場スタジアムへ 8kmの部女子トップ
 ▲フィニッシュは目前             ▲女子断トツのトップでフィニッシュする尾池選手
 (駒場運動公園内)              (駒場運動公園競技場)
  (C)さいたま国際マラソン           (C)さいたま国際マラソン

 ▲上にもどる

大会を支えたボランティア

給水所の運営やコース整理、ランナー受付やフィニッシュ後のランナーサービスなど、約5,000人のボランティアの方々が大会運営を支えました。

<ボランティア団体> 120団体
埼玉県立浦和高等学校、埼玉県立浦和第一女子高等学校、埼玉県立浦和北高等学校、埼玉県立浦和東高等学校、埼玉県立特別支援学校さいたま桜高等学園、埼玉県立大宮高等学校、埼玉県立大宮東高等学校、埼玉県立大宮北特別支援学校さいたま西分校、埼玉県立上尾鷹の台高等学校、埼玉県立春日部東高等学校、埼玉県立越ヶ谷高等学校、埼玉県立越谷南高等学校、埼玉県立越谷総合技術高等学校、埼玉県立草加高等学校、埼玉県立草加南高等学校、埼玉県立草加東高等学校、埼玉県立川口高等学校、埼玉県立川口北高等学校、川口市立川口総合高等学校、川口市立県陽高等学校、さいたま市立浦和南高等学校、さいたま市立大宮北高等学校、さいたま市立大宮西高等学校、浦和実業学園高等学校インターアクト部、淑徳与野高等学校、大宮開成高等学校、浦和麗明高等学校、浦和学院高等学校、浦和ルーテル学院、叡明高等学校、浦和大学・浦和大学短期大学部、目白大学、目白大学スポーツサポーティング研究会、文教大学、日本医療科学大学、女子栄養大学、帝京平成大学、りそなグループ(りそな銀行 埼玉りそな銀行 近畿大阪銀行)、セコム、クラリオン株式会社、UR都市機構、カルソニックカンセイ株式会社、株式会社サンゲツ、あいおいにっせい同和損害保険株式会社、損保ジャパン日本興亜保険サービス株式会社埼玉東開発支店、チームNTTさいたま南、トヨタ部品埼玉共販株式会社、さいたま市シニアユニバーシティ 北浦和校協議会、野村證券浦和支店、クラーク記念国際高等学校 さいたまキャンパス、野村證券さいたま支店、株式会社武蔵野銀行、さいたま市交通安全保護者の会(母の会)、陸上自衛隊大宮駐屯地曹友会、さいたま市ボーイスカウト協議会、一般社団法人ガールスカウト埼玉県連盟、(一社)浦和レッズ後援会、大宮アルディージャ サポートスタッフ、NPO法人救急医療の質向上協議会、さいたま市水泳連盟、さいたま市サッカー協会、さいたま市スキー連盟、さいたま市テニス協会、さいたま市バレーボール連盟、さいたま市体操協会、さいたま市バスケットボール協会、さいたま市スケート連盟、さいたま市ウエイトリフティング協会、さいたま市ハンドボール連盟、さいたま市ソフトテニス連盟、さいたま市卓球協会、さいたま市野球連盟連合会、さいたま市相撲連盟、さいたま市柔道連盟、さいたま市ソフトボール協会、さいたま市バドミントン協会、さいたま市弓道連盟、さいたま市剣道連盟、さいたまラグビーフットボール連盟、さいたま市山岳連盟、さいたま市空手道連盟、さいたま市射撃連盟、さいたま市なぎなた連盟、さいたま市少林寺拳法協会、さいたま市ゲートボール連盟、さいたま市太極拳連盟、さいたま市ゴルフ協会、さいたま市パワーリフティング協会、さいたま市トランポリン協会、さいたま市合気道連盟、さいたま市小学校体育連盟、さいたま市中学校体育連盟、さいたま市スポーツ少年団(サッカー・バスケットボール・バドミントン・卓球)、さいたま市インディアカ協会、さいたま市ウォークラリー協会、さいたま市ソフトバレーボール連盟、さいたま家庭婦人バレーボール愛好会、さいたま市親子体操協会、さいたま市サイクリング連盟、さいたま市3B体操同好会、さいたま市ターゲットバードゴルフ連盟、さいたま市日本民踊連盟、さいたま市レクリエーション指導者協議会、さいたま市フォークダンス連絡協議会、さいたま市グラウンド・ゴルフ協会、さいたま市ミニテニス連盟、さいたま市ビーチボール協会、さいたま市ペタンク連盟、さいたま市スポーツ吹矢協議会、埼玉県ディスコン協会さいたま支部、さいたま市ファミリーバドミントン協会、浦和スポ-ツクラブ、桜区地域スポーツクラブさくらっく、北浦和総合型スポーツ・レクリエーションクラブ「ふれあいプレイランド」、浦和美園SCC“うらら”、さいたま市スポーツ推進委員連絡協議会(西区支部・北区支部・大宮区支部・見沼区支部・中央区支部・桜区支部・浦和区支部・南区支部・緑区支部・岩槻区支部)、越谷走友会、スポーツ・レクリエーション推進委員会(大袋地区・北越谷地区)、越谷市役所
(順不同)

 フィニッシュしたランナーにドリンクサービス ランナーサービスに徹するボランティ
 ▲ランナーにスポーツドリンクを手渡す     ▲完走タオルやメダルを配布する多くのボランティア
 (マラソンフィニッシュ地点)         (マラソンフィニッシュ地点)
 (C)さいたま国際マラソン            (C)さいたま国際マラソン

 沿道でコース整理をしているボランティア 給水所を運営するボランティア
 ▲沿道でコース整理をするボランティア     ▲水を手渡すボランティア
 (新見沼大橋上)               (新浦和橋上)
 撮影:さいたま市               撮影:さいたま市

▲上にもどる  

大会運営のために施設をご提供いただきました

ランナーの救護所や関門、仮設トイレや資器材の設置などで、コース沿道の店舗や事業所などに施設や敷地をご提供いただきました。

イオン浦和美園店、株式会社石川商店、浦和大学、浦和ルーテル学院、浦和ロイヤルパインズホテル、NTTコミュニケーションズ北浦和ビル、NTT東日本さいたま新都心ビル(さいたまメディアウェーブ)、株式会社協和技研、クラリオン株式会社、桑原歯科医院、コフジ物流株式会社、埼玉ダイハツ販売株式会社浦和美園店、埼玉りそな銀行本店、サンクス浦越バイパス店、サンクス越谷南荻島店、センコー株式会社埼玉主管支店浦和PDセンター、東京ガスエンジニアリングソリューションズ株式会社、東武リズム幼稚園、梅林堂北浦和店、ファミリーマート浦和駒場店、ファミリーマート浦和美園南店、ファミリーマートさいたま原山二丁目店、ポリテクセンター埼玉、ムサシノ機設株式会社、UR都市機構、ランド・アクシス・タワー、ローソンさいたま浦和美園尾ヶ崎店
(順不同)

▲上にもどる

お知らせ

totoバナー
第2回さいたま国際マラソンの市民マラソン部門はtoto助成を受けています。
 

関連リンク

この記事についてのお問い合わせ

スポーツ文化局/スポーツ部/スポーツイベント課 スポーツイベント第2係
電話番号:048-829-1730 ファックス:048-829-1996

お問い合わせフォーム

ページの先頭に戻る

イベント情報

イベント情報一覧を見る


ページの先頭に戻る